o08000599tag-reuters1

 発見された惑星「かに座55番星e」の半径は地球の2倍、質量は8倍。質量の少なくとも3分の1がダイヤモンドであるそうです。

 地球世紀何年ごろにはダイヤモンドがただの石コロくらいの価値になっているのだろうとつい考えてしまいますが、発見されたダイヤモンド惑星は北点の蟹座に位置し、約40光年と地球からは比較的近い距離にあるそうです。

article-1382658-0BDE216900000578-139_634x411

 2011年に初めて主星の前をトランジット(通過)するのが検出されたという「かに座55番星e(55 Cancri e)」の公転周期は、地球の1年と比べて、わずか18時間。この短い公転周期と、恒星との短い距離により、惑星の表面温度は生物の居住が望めない摂氏2150度にまで達するらしい。

 しかしこの表面温度が炭素の存在と併せてダイヤモンドが生成される最適な条件でもあるそうで、研究を率いた米エール大学の博士研究員ニック・マドゥスダン氏は、「この惑星の表面は水や花崗岩ではなく、グラファイトとダイヤモンドで覆われている可能性が高い」と述べています。

diamondplanet

 いわゆる「スーパーアース」に分類されるダイヤモンド惑星「かに座55番星e」。NASA のスピッツァー宇宙望遠鏡が収集したデータを元にコンピュータモデルを構成し、また質量の推定データと合わせて惑星の構成要素を割り出したものだそうです。

cnc-s

 地球から40光年と比較的近い距離にある「かに座55番星e」ですが、暗い夜には北点の蟹座に位置する55番星eの主星(恒星)を肉眼で確認することも可能とのこと。

(Via.AFPBB News / ナショナルジオグラフィック)

宇宙の事典―140億光年のすべてが見えてくる宇宙の事典―140億光年のすべてが見えてくる
沼澤 茂美 脇屋 奈々代

ナツメ社 2004-03
売り上げランキング : 9898

Amazonで詳しく見る
by G-Tools