original

 茨城県つくば市のベンチャー企業サイバーダインは、福祉目的での自律動作支援ロボットスーツ「HAL」の開発を行ってきましたが、その発展形として、原発事故現場での作業を想定した新しいロボットスーツを発表しました。
 発表が行われたのは18日。山海嘉之筑波大教授らが開発したもので、足の運動に合わせて各部のモーターが作動し、人の動きをサポートします。

hal2-afp-300-x-438

 外骨格スーツHALは作業員を被曝から守りつつ、重みを感じさせない設計になっているそうで、動画ではバッテリー装備の他に20キロの重りを加えてのデモンストレーションを行っています。



サイバーダインHP

横山宏Ma.K.モデリングブック横山宏Ma.K.モデリングブック
横山 宏

大日本絵画 2006-12
売り上げランキング : 98358

Amazonで詳しく見る
by G-Tools