Recreating a Slice of the Universe

 米ハーバード・スミソニアン天体物理学センターが、「Arepo」と呼ばれる新しいソフトウェアを元に独ハイデルベルク研究所の研究者らと共同で取り組んだプロジェクトは、ビッグバンから40億年後の宇宙を起点に90億年にわたる宇宙の推移をシミュレーションしています。
 動画で示されるのは画面上に切り取られたコンピュータ・アニメーションですが、Arepo を用いることで宇宙の誕生と進化の歴史を、実に140億年にわたり正確にシミュレーションできるのだそうです。
 動画はぜひ、フルHDで。

宇宙の事典―140億光年のすべてが見えてくる宇宙の事典―140億光年のすべてが見えてくる
沼澤 茂美 脇屋 奈々代

ナツメ社 2004-03
売り上げランキング : 7458

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



(Via.Cfa Press Room / ギズモード)