Hell Broke Luce

 トム・ウェイツが2011年に発表したアルバム「バッド・アズ・ミー(Bad As Me)」から、マット・マハリン監督によるPV「Hell Broke Luce」が公開されていたのでご紹介。
 以前にカルトアニメに出演という記事で触れたことのあるトム・ウェイツですが、唯一無二の存在感は健在のようです。
 ビジュアルもメチャかっこいい。


トム・ウェイツは気まぐれなアーティストだ。
バラード歌手、世の中の不条理を説く語りべ、エレクトリック・ブルースのミュージシャン、官能的な弦楽器のアレンジャー、救世軍バンドのリーダー、舞台劇の作曲家、そしてインディーズ〜ハリウッド映画の俳優など、活動範囲は実に多彩。
興味の趣くままに新たな分野を探求し、不確定要素を楽しむことのできる揺るぎない自信をもっているのだ。

また、現代人の抱える苦脳に共感する詩的な音楽を作りながらも、風刺の効いたユーモアのセンスも忘れない。彼が他のアーティストに与える影響は計り知れず、もし今後いっさい新作をリリースしなくとも音楽史にその名を残すことは間違いないだろう。
tom waits - Amazon のバイオグラフィーより

 フジテレビの連続ドラマ「不毛地帯(2009〜2010)」では、エンディングテーマとして『トム・トラバーツ・ブルース』が使用されたので、そちらの方で耳にした方もいるかも。

Tom Traubert's Blues


バッド・アズ・ミーバッド・アズ・ミー
トム・ウェイツ

SMJ 2011-10-26
売り上げランキング : 75755

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 関連エントリー
1978年制作、時代に取り残されたカルトMVアニメーション - Tom Waits for no one