20120427235157c87

 尖閣諸島をめぐり日中間の対立がエスカレートする兆しを見せる中で、なかなか面白い資料が出てきたのでご紹介。
 新たに出てきた資料は、中国・明から1561年に琉球王朝(沖縄)へ派遣された使節、郭汝霖(かく・じょりん)が皇帝に提出した上奏文で、その中に、尖閣諸島所属の大正島を「琉球」と記していたことが判ったというもの。

 調査を行ったのは長崎純心大の石井望准教授で、この発見により、中国が主張するところの「(尖閣諸島が)明代から中国の領土であり、台湾に付属する島嶼(とうしょ)だった」とする根拠が大きく崩れることになります。

plc12071708420009-p2
(画像:中国資料に記載されていた尖閣諸島をめぐる境界。MSN産経ニュースから転載)

 尖閣の帰属に関しては、石垣の人々に贈られた1895(明治28)年の中華民国駐長崎領事からの書状が知られていました。
 これは魚釣島に漂着した中国漁民の救出にともなう中華民国駐長崎領事からの感謝状で、その中に「日本帝国八重山郡尖閣列島」と明記されていたというものですが、今回発見された史料は、中国が尖閣領有の憑拠とする「明代」の「中国側の史料」において、尖閣の島嶼である大正島を「琉球側のもの」と明確に記した資料となっています。
 もちろん、明代のこうした資料が明らかになるのは今回が初めてのこと。

plc12071708420009-p1
(中国・明代の『石泉山房文集』。赤線を引いた一節に赤嶼(大正島)が「琉球の境」と記されている=「四庫全書存目叢書」(荘厳文化公司)から)

 上奏文が収められていたのは、郭が書いた文書を集めた『石泉山房文集』。このうち、帰国後に琉球への航海中の模様を上奏した文のなかで「行きて閏(うるう)五月初三日に至り、琉球の境に渉(わた)る。界地は赤嶼(せきしょ)(大正島)と名づけらる」と記していた。現在の中国は大正島を「赤尾嶼(せきびしょ)」と呼んでいる。

 石井准教授によると「渉る」は入る、「界地」は境界の意味で、「分析すると、赤嶼そのものが琉球人の命名した境界で、明の皇帝の使節団がそれを正式に認めていたことになる」と指摘している。

 また、この他にも1683年に派遣された清の琉球使節、汪楫(おうしゅう)が道中を詠んだ漢詩の中で「東沙山を過ぐればこれ●山(※びんざん)の尽くるところなり(台湾・馬祖島(ばそとう)を過ぎれば福建省が尽きる)」と記していることが石井准教授の調査でわかっています。

 ※●=門構えに虫

 その後に勅命編纂された清の地理書『大清一統志』においても、台湾の北東端を「鶏籠城(現在の基隆市)」までと定めていたことが下條正男・拓殖大教授の調査で明らかとなっています。

 すなわち明代(1368-1644年)から清代(1644-1912年)にかけて、大陸から約15キロしか離れていない島までが中国領土であるとの認識――つまり、時の官吏が尖閣諸島が琉球所属の領地であるという、共通の認識を持っていたことを示すものとなっているわけです。

 以下、詳細については当該記事:http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120717/plc12071708420009-n1.htm をご参照ください。


 もっとも、共産党政府は人民日報1953年1月8日の記事で、「尖閣諸島は琉球諸島に含まれる」ことを自ら認めているわけで、

ryu-kyu

 究極的には「琉球も中国の領土だ」となるのは目に見えてるんですけどね。だから沖縄ごと寄こせと、アチラさんは主張してる。こんなの織り込み済みだろうね、恐らく。

 沖縄は依然として最前線なんだけど、世論はソコを見ないからなあ....。とりあえず実効支配すべし。

日本の領土問題  北方四島、竹島、尖閣諸島 (角川oneテーマ21)日本の領土問題 北方四島、竹島、尖閣諸島 (角川oneテーマ21)
保阪 正康 東郷 和彦

角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-02-10
売り上げランキング : 12186

Amazonで詳しく見る
by G-Tools