DAEDALUS

 日本企業が開発した、サイバー攻撃をリアルタイムに可視化できる警告システム「ダイダロス(Direct Alert Environment for Darknet And Livenet Unified Security:DAEDALUS)」があまりにも未来的すぎるとして、内外で話題となっています。

 システムの開発を行ったのは、独立行政法人情報通信研究機構(NICT)。NICT では4月にダークネット(インターネット上の未使用IP)の観測情報をネット上で公開するシステム「nicter」を公表していますが、今回発表された DAEDALUS は、このシステムを活用したもの。

 中央の球状モデルとして表現されているのが、インターネット。その周囲を周回するサークルの一つ一つが観測中のネットワークを表しており、観測対象組織(nicter:ダークネット観測センサ設置組織)のダークネットに向かって無数のパケットが飛来している様子が可視化されます。

20120606J-06_m

 異常検知されたライブネットのIP アドレスでは「警」のアイコンでアラートが表示され、新規の異常が検知された場合は、画面全体にアラートアイコンが強調表示されます。

 プレスリリースはこちら

 すでに外部展開が開始されている DAEDALUS は、日本各地に分散配置されたダークネット観測網を用いて、組織内から送出される異常な通信を検知し、当該組織に対して迅速にアラートを送信するというもの。
 既存の侵入検知システムや侵入防止システムなどと DAEDALUS を併用することで、組織内ネットワークの情報セキュリティの一層の向上が期待できるのだそうです。



攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(4) (KCデラックス)攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(4) (KCデラックス)
衣谷 遊

講談社 2012-03-06
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools