etwagents

 “捕まった宇宙人”として、もっとも使用頻度が高くメディアでも参考とされてきた「小人宇宙人の捕獲写真」のネタ元が、ついに特定されたようです。
 1950年代に西ドイツのケルンの新聞に掲載された写真などとまことしやかに伝えられてきた同写真でしたが、フェイクであるという疑惑はぬぐいがたくあるものの、決定的といえる根拠も示されないままでした。

 どうやらこれ、ドイツの週刊誌が1950年4月1日号で行ったエイプリルフールのジョークだったようです。

famous_honbun1

 上画像が、お騒がせのもととなったドイツの週刊誌「Neue Illustrierte」1950年4月1日号の表紙(1950年3月29日発行)。
 メキシコに不時着した円盤の乗組員といわれ、また宇宙人を連行しているのはFBIかCIA、はたまた旧ソ連のKGBのエージェントなどと取り沙汰されてきた写真は、この雑誌による世紀をまたいだ遠大なジョークでした。

etwagents

 こちらがよく持ち出される印象的な写真の全図。下画像が今回明らかにされた「Neue Illustrierte」1950年4月1日号のページ。

ScanImage003a

 誌面は4枚のフォトモンタージュで構成されており、文章は火星のスクリプトでまとめられています。
 『火星から人!』というタイトルで特集が組まれており、いわく「1950年3月21日21時45分、アリゾナ州モニュメントバレーに空飛ぶ円盤現る」「22時10分、デスバレーからの報告」「“銀のカプセル”が爆発、宇宙人捕獲せり!」「驚愕、宇宙人は70センチの大きさ」云々。

004

 「Neue Illustrierte」誌は、その翌週号でネタばらしもしています(1950年4月5日発行の号43ページ目)。
 いわく「(記事で取り上げた)D. Ussel 軍曹は存在しない人物です。また火星人の写真はスケーターのグループ“The Lidstones”のメンバーでした」。

jameslidstone-martian

 上画像が、ソースが検索してみせたスケートグループ“The Lidstones”のメンバーの写真(元画像)。報じたのは超常現象写真や出来事のウソを暴く、ドイツの「forgetomori」というサイト。
 1962年に撮影された James Lidstone という人の写真ですが、こちらは確定画像ではなく参考までの比較画像ですので念のため。

003

 ちなみに、こちらが「Neue Illustrierte」誌1950年4月5日発行号の表紙。偶然なのか、人を食ったような表情が可笑しい。

(source.forgetomori)

矢追純一のUFO大全矢追純一のUFO大全
矢追 純一

リヨン社 2006-06
売り上げランキング : 245353

Amazonで詳しく見る
by G-Tools