Vintage Monorail 03

 モノレールが開発されたのは19世紀の初頭であるようです。
 ヘンリー・ロビンソン・パーマーが1821年にイギリスで特許を取得したのが最初期のモノレールの概念であったようですが、このモノレールは左右に荷台を振り分けて“やじろべえ”のようにバランスを取るタイプで、あまり実用的と呼べるものではなかったみたい。
 ご紹介するのはモノレールの開発史における、ヴィンテージな画像集。

02
Vintage Monorail 01

03
Vintage Monorail 02

04
Vintage Monorail 04

05
Vintage Monorail 05

06
Vintage Monorail 06

07
Vintage Monorail 07

 上画像はジャイロスコープ式モノレール。レールを1本に減らせば摩擦力も半減し、その分速度を倍増できるという理論の元に考案された方式で、大型のジャイロスコープが車体に搭載されています。
 車体が傾くと、それに応じてジャイロスコープの軸が傾き、バランスを取る仕組みになっているというもの。

08
Vintage Monorail 08

 そもそもモノレールとは1本(mono)の軌条(rail)で走る交通機関を指すもので、大雑把に「懸垂式」と「跨座式」に分けられます。
 懸垂式は一般的なモノレールのイメージで、高架式のレールに車両がぶら下がる形式のもの、跨座式はレールにまたがる形式のモノレール。

 一本のレールで車両を運行するという発想が突飛なわけですが、二条式鉄道が一般化している中で、どっこい21世紀にも生き残っている一条式鉄道(モノレール)の姿は、どこかしら空想科学を感じさせますね。

09
Vintage Monorail 09

10
Vintage Monorail 10

11
Vintage Monorail 11

12
Vintage Monorail 12

13
Vintage Monorail 13

14
Vintage Monorail 14

15
Vintage Monorail 15

16
Vintage Monorail 16

17
Vintage Monorail 17

18
Vintage Monorail 18

19
Vintage Monorail 19

20
Vintage Monorail 20

21
Vintage Monorail 21

22
Vintage Monorail 22

23
Vintage Monorail 23

24
Vintage Monorail 24

25
Vintage Monorail 25
(Via.1x1 NEWSxPICTURES / 参考:モノレール - ウィキペディア)

大阪万博―Instant FUTURE (アスペクトライトボックス・シリーズ)大阪万博―Instant FUTURE (アスペクトライトボックス・シリーズ)
都築 響一 アルフレッド・バーンバウム

アスペクト 2008-03-17
売り上げランキング : 91857

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

モノレールと新交通システムモノレールと新交通システム
佐藤 信之

グランプリ出版 2004-12
売り上げランキング : 440618

Amazonで詳しく見る
by G-Tools