bondauditions_01

 1968年、グラフ雑誌「LIFE」に掲載された5人のジェームズ・ボンドの合成写真。
 映画「007」シリーズ第5作『007は二度死ぬ』でボンド役を降板したショーン・コネリーに変わる、2代目ボンドを選ぶために行われたオーディションで上位5人に選ばれたのが画像の人たち。

 ご存じのように、次の映画「女王陛下の007」ではオーストラリア出身のモデル、ジョージ・レーゼンビー(前列右)が抜擢されるわけですが、ご紹介するのは彼らファイナリストのオーディション風景。あるいはこの中の誰かが007の歴史を変えていたかもしれません。

02.ファイナリストの1人、ジョン・リチャードソン。
bondauditions_02

03.左の男性がピーター・ハント監督。
bondauditions_03

04
bondauditions_04

05
bondauditions_05

06
bondauditions_06

07
bondauditions_07

08
bondauditions_08

09.アンソニー・ロジャース氏。彼はスクリーンテストの以前にも5本のテレビに出演経験がある俳優でした。
bondauditions_09

10
bondauditions_10

11.渋いロジャース版ボンド。原作ではヘビースモーカーの設定であるボンドをイメージしてか。
bondauditions_11

12
bondauditions_12

13.ロバート・キャンベル氏。
bondauditions_13

14.ホルスターの着用にもハント監督が手を出しています。
bondauditions_14

15
bondauditions_15

16
bondauditions_16

17
bondauditions_17

18.ボンド役にはキスシーンも重要。
bondauditions_18

19.ハンス・デ・フリース氏。偶然にも、彼はショーン・コネリー主演の西部劇「シャラコ」で端役を演じているそうです。
bondauditions_19

20
bondauditions_20

21
bondauditions_21

22.二代目ボンド、ジョージ・レーゼンビー氏。しかし彼は結局、「女王陛下の007」1作のみでボンド役を降板してしまいます。
bondauditions_22

23.ハント監督と言葉を交わすレーゼンビー。ハント監督は彼のアクションの素質を高く評価していたそうです。
bondauditions_23

24
bondauditions_24

25
bondauditions_25

26.1作きりのジェームズ・ボンド。オーディションは1967年に行われました。
bondauditions_26

27
bondauditions_27

28
bondauditions_28

29
bondauditions_29
(Via.Being 007: Behind the Scenes at James Bond Auditions)

ジェームズボンド007シークレットファイルジェームズボンド007シークレットファイル
アラステア ダゴール ロジャー スチュワート Alastair Dougall

東邦出版 2006-10
売り上げランキング : 156272

Amazonで詳しく見る
by G-Tools