google-augmented-reality-lady

 Google が密かに開発中として報じられていた「メガネ型コンピュータ」がついに正体を現しました。
 ソーシャル・ネットワーキング・サービス Google+ で公開されたのは、小型のディスプレイを備えたウェアラブル端末「Glass」。ディスプレイのほかマイクとカメラを備えており、音声入力にも対応。「Project Glass」が提供するのは、スマートフォンで行える全ての操作をアイウェアを通じて行うことのできる拡張現実(AR)システムのようです。

 同時に公開されたコンセプト動画では、道案内や周辺情報の表示、メールなどの着信通知、メッセージの送受信や通話、視界に映るものをそのまま写真撮影やビデオ通話するといった機能が描写されています。

glass_photos5

 Google が公開したプロトタイプは、片目の視野に透過型らしきディスプレイを配置したシンプルなデザイン。 New York Times が得たという匿名の関係者証言によれば、試作品のデザインはメガネの上に着用できるものを含めて数十種類に及ぶとのこと。

 Google は Project Glass の製品化の時期や計画については明らかにしておらず、現段階で公表したのは機能やデザインについて広く一般からのフィードバックを募るためとしています。



(Via.Engadget 日本版)

SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1SONY 3D対応ヘッドマウントディスプレイ HMZ-T1

ソニー 2011-11-11
売り上げランキング : 3099

Amazonで詳しく見る
by G-Tools