King of Wasps 02

 インドネシアのスラウェシ島で発見されたスズメバチの新種は、2.5インチの大きさに成長する可能性を秘めており、特筆すべきはその巨大なアゴ。

 この新種の蜂はカリフォルニア大学デービス校の昆虫学教授リン・キムジー氏によって発見されたもので、南東スラウェシ南東の Mekongga 山で発見されたのだそうです。専門家の教授をして、その顎は巨大すぎて「歩けるかどうかわからない」のだそう。

King of Wasps 01

 もっとも、報道された2.5インチ(6.35cm)というサイズはセンチの記述ミスとの話もあり、実際、トップの比較図が事実であれば、飛べるかどうかさえ怪しいと言わざるを得ません。

King of Wasps 03

 キムジー教授は「このように変わったスズメバチを見たのは初めて。もちろん、このハチの生態についはなにもわかってはいません」と語っており、「インドネシアの国旗にも用いられている“ガルーダ”という名前をつけたいと考えています」と述べています。

King of Wasps 04
(オスとメスとの比較)

 キムジー教授は、この新種のスズメバチの巨大なアゴが、オスがメスを保持するために使用されるのではないかと推測しており、もちろん防衛や攻撃のためにも、そして何より交尾の際に用いられるのではないかとの考えを述べています。「それはオスがメスをホールドするのに充分な大きさなのです」

King of Wasps 05
(Via.Mail Online / International Business Times)

 関連エントリー
まさにジェノサイド!ミツバチの巣をスズメバチが襲撃、3万匹を皆殺し
世界最大級の巨大昆虫『Weta』が発見される

日本の真社会性ハチ 全種・全亜種生態図鑑日本の真社会性ハチ 全種・全亜種生態図鑑
高見澤 今朝雄

信濃毎日新聞社 2005-10-01
売り上げランキング : 151349

Amazonで詳しく見る
by G-Tools