ALBINO family 09

 1983年にお見合い結婚をしたインド人カップル、ロセタウリ・プッラン氏とマニさん夫妻は共にアルビノという特徴を持っていたそうです。
 アルビノとは先天的な遺伝情報の欠損で、メラニンが欠乏する遺伝子疾患のこと。白皮症や白子などとも呼びますが、プッラン夫妻の授かった子供たちには軒並みアルビノという特徴が現れており、孫を含めた10人家族の全てが白化現象(アルビノの個体を生じること)を引き継ぐという特殊な事例。

 この度、この白い肌のインド人家族が「世界最大のアルビノ一家」としてギネス申請を行うことが明らかとなりました。

02
ALBINO family 01

 プッラン家の息子シャンカール(24)、ビジェイ(25)、 Ramkishan(19)、娘のレーヌ(23)、ディーパ(21)、プージャ(18)は、それぞれアルビノの特徴を受け継いでいます。
 また、レーヌさんは白皮症の特徴を持つ男性と結婚しました。

03
ALBINO family 02

04
ALBINO family 03

05
ALBINO family 04

 下画像はレーヌさん夫妻の息子(プッラン家の孫にあたる)Dharamraj くん。やはり両親からアルビノの特徴を継承しています。

06
ALBINO family 05

07.アルビノ家の家長、ロセタウニさんと妻のマニさん。
ALBINO family 06

08.息子のシャンカールさん(24)
ALBINO family 07

09
ALBINO family 08

 上画像はお見合い当時の写真と現在の写真。マニさんは家族に現れたアルビノの症状を「神からの贈り物」と説明しています。

10
ALBINO family 10

11
ALBINO family 11
(Via.Mail Online)

ギネス世界記録2012ギネス世界記録2012
クレイグ・グレンディ

角川マガジンズ(角川グループパブリッシング) 2011-11-16
売り上げランキング : 10599

Amazonで詳しく見る
by G-Tools