top

 以前にパプアニューギニアで発見された世界最小の脊椎動物の話題をお届けしましたが、今回マダガスカルで発見されたのは世界最小の爬虫類の一つと考えられる、体長約3センチのカメレオン。
 マダガスカル沖の小島で発見されたカメレオンは「Brookesia micra」と呼ばれており、今回の調査では合わせて4種類の新種が発見されたようです。

article-2101040-11BBD7C5000005DC-171_634x572

 この世界最小種の発見にともない、サンディエゴ州立大学のテッド・タウンゼント氏はカメレオンの遺伝子調査を開始しました。
 発見されたカメレオンが新種であることを同定するための検査ですが、同氏は「彼らのサイズのカメレオンは、現在我々のよく知るカラフルなカメレオンとは異なり、小型で目立たない先祖からマダガスカルで独自の進化を遂げてきたことを示唆している」と語っています。

article-2101040-11BBD753000005DC-317_634x323

 発見された種のカメレオンは、わずか数マイルのエリアでしか確認されていません。また専門家たちは、このカメレオンが生息地の破壊などに特に過敏に反応するのではないかと考えているそうです。

(Via.Mail Online)

世界のカメレオン世界のカメレオン
増田 戻樹

文一総合出版 2011-11
売り上げランキング : 133627

Amazonで詳しく見る
by G-Tools