LS3

 DARPA(米国防高等研究計画局)の資金援助を受けるボストンダイナミクス社の軍事用四足歩行ロボット「アルファ・ドッグ」の最新映像。
 いよいよ屋外での実地試験が開始されたようです。

 今日の歩兵は45キロに近い荷物を背負うことを要される場合もあり、この四脚分隊支援システム(Legged Squad Support System : LS3)は彼らに随行し、サポートすることを目的に開発されています。

 今回の屋外テストで検証される機能は、特定の個人やオブジェクトを自律的に追跡(随行)し、障害物を避けながら、400ポンド(約181キログラム)の荷物を運ぶというもの。コースは20マイル(約32キロメートル)のトレッキングが設定されており、24時間の無給油活動が可能かも検証されました。

LS3_originaljpg

 DARPAのプログラムマネージャーであり博士号も持つジョー・ヒット陸軍中佐は、「開発が成功すれば、チームの真の価値を提供することができる。そのためにLS3は訓練を受けた動物――ラバのような運搬能力と応答性と持つように努めている」と語っています。



(Via.DARPA / IEEE Automaton)

最終兵器の夢――「平和のための戦争」とアメリカSFの想像力最終兵器の夢――「平和のための戦争」とアメリカSFの想像力
H.ブルース・フランクリン 上岡 伸雄

岩波書店 2011-11-26
売り上げランキング : 198353

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 関連エントリー
リアルターミネーター『PETMAN』をBig Dogのボストンダイナミクス社が発表