mushrooms-thumb

 身近にあふれるプラスチック(合成樹脂)用品、その中でも汎用されるポリエチレンポリウレタン(PU)は生分解されることはなく、様々な環境問題を引き起こしていることはよく知られています。
 ところが、エクアドルの密林でプラスチックを食べる新種のキノコが発見されたことで、ゴミ問題解決の一助になるかもしれないと期待されています。

「Pestalotiopsis microspora」と名付けられたキノコを発見したのは、イエール大学のスコット・ストローベル分子生化学教授が受け持つ学部課程「熱帯雨林探査研究(Rainforest Expedition and Laboratory)」の学生たち。

 彼らは年に一度はアマゾンへ出かけてキノコ(菌)を採取してくるのが恒例なのですが、2008年にある学生が採取した中に、ポリウレタンを炭素に分解するこのキノコがあったのだそうです。



 もちろん、ポリウレタンあるいはプラスチックでサバイブできるキノコ種が発見されたのはこれが初めてのこと(※ソースではポリウレタンとプラスチックを混同して用いている個所があるので、ひとまず保留。続報を待ちたいと思います)。

 しかもこのキノコは嫌気性の条件下、すなわちゴミ埋め立て地の底と同じ環境条件で生息することができるのだそうで、最終的にはプラスティックを含むゴミの埋め立て処理に変わるバイオレメディエーションの最有力候補として、期待がもたれているのだそうです。

 将来的には少ゴミ化を進めるのは勿論のこと、生分解性プラスチックの開発などと並行して、新たな環境浄化システムとしてこのキノコが活躍する時代がやってくるかもしれませんね。

(Via.DVICE / The Register Citizen / ギズモード)

野生動物が見つめるゴミ列島―宮崎学のカメラ・アイ (TAROブック・JIROブック)野生動物が見つめるゴミ列島―宮崎学のカメラ・アイ (TAROブック・JIROブック)
宮崎 学

太郎次郎社 1996-11
売り上げランキング : 601895

Amazonで詳しく見る
by G-Tools