snow-leopard-1
(上画像はイメージ)

 環境保護団体の調査チームが、タジキスタンの山岳地帯で野生のユキヒョウの姿をとらえたことが世界的な話題となっています。
 調査は国際保護団体FFIなどがスポンサーとなって実施されたもの。アフガニスタンとの国境に近いワクハン渓谷の山岳地帯11ヶ所に、3ヶ月にわたってヒドゥンカメラ(隠しカメラ)を設置した中で撮影されました。

Uncia uncia01

Uncia uncia02

 カメラは両面からの撮影ができるように2台ずつのペアで設置され、動物の動きを検知してシャッターが押される構造になっていました。
 この内、ゾーグル自然保護区に仕掛けられたカメラには、少なくとも5頭のユキヒョウが写り、子供を連れた親子の姿も見られたそうです。

Uncia uncia03

Uncia uncia04

 ところが2台仕掛けたカメラの内、1台が紛失していることが判明。残された1台に撮影されていた写真を検証したところ、ユキヒョウの子供がカメラに近付き、匂いをかいだり齧ったりなどした後、設置台からカメラを取って逃げる様子が撮影されていました。
 FFIの担当者によると、ユキヒョウの子供がカメラのかすかな音に気付き、好奇心をそそられたのではないかと話しています。

Uncia uncia05

 中央アジアの山間部に生息する大型のネコ科動物であるユキヒョウは、乱獲や生息地の縮小によって個体数が激減しており、FFIでは保護対策を強化する必要があると訴えています。
 野生の個体数は推定4500〜7500頭程度。現在でも密漁などの危機にさらされているようです。



(Via.CNN.co.jp / Mail Online)

雪豹 (ハヤカワ文庫NF―ライフ・イズ・ワンダフル・シリーズ)雪豹 (ハヤカワ文庫NF―ライフ・イズ・ワンダフル・シリーズ)
ピーター マシーセン Peter Matthiessen

早川書房 2006-02
売り上げランキング : 280271

Amazonで詳しく見る
by G-Tools