土家族民歌

 日本では宝塚歌劇団に代表される女性が男役を演じる舞台、また歌舞伎の女形(おやま)の伝統がありますが、やはり異性を演じる上でネックとなる要素の一つが“声“であろうかと思う。
 ご紹介の動画では、中国湖北省の少数民族「トチャ族」出身の陳涓(ちん けん)さんが、男声と女声を歌いわける奇跡の歌唱を披露しています。



 湖北省の民謡を歌う陳さんの声は、同一人物が歌っているとは信じられないほどのもの。いずれの歌も本来はデュエットソングなのだそうです。
 この歌声が伝統的な歌唱法なのか、それとも陳さん独自の才能によるものなのかは不明ですが、いずれにせよ驚かされる。



(Via.ロケットニュース24)

中国56民族手帖中国56民族手帖
松岡 格 ワタナベ マキコ

マガジンハウス 2008-07-24
売り上げランキング : 74143

Amazonで詳しく見る
by G-Tools