a10

 ロシアから広がった合成麻薬「クロコダイル」は各国で流行の兆しを見せています。
 1932年に米国でアヘンの類似物として開発されたデソモルヒネDesomorphine)は鎮痛剤の一種であり、一説にはモルヒネの8倍から10倍の鎮痛作用があるとされ、日本では「麻薬及び向精神薬取締法」において禁止されている薬物。もしこの劣悪な薬剤を常習した場合、この中毒を克服することは非常に困難――あるいは不可能です。

 デソモルヒネ、あるいはジヒドロデオキシモルヒネ(Dihydrodesoxymorphine, Permonid,)は2010年頃からロシアでの密造が問題になり始めているそうです。
 クロコダイルが汎用あるいは流通する理由として、コデインから容易に合成できることが挙げられています。密造過程がメタンフェタミンを製造する過程に似ているそうですが、いわゆるクロコダイル、劣悪な環境で製造されたデソモルヒネには不純物が混じり、毒物、腐食性の物質を含んでいます(※良好な環境であれば無害というわけではないので念のため)。

 クロコダイルを常習的に使用すると“鎮痛作用もしだいに無くなり”、静脈炎や壊疽、手足の切断が必要となります。
 また、常習者は三年を待たずしてほぼ死にいたるそうです。

(※動画視聴注意)



アマニタ・パンセリナアマニタ・パンセリナ
中島 らも

集英社 1995-12-15
売り上げランキング : 211831

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 関連エントリー
体が溶けてる....ロシアの合成麻薬「クロコダイル」がヤバすぎる