Adolf_B_01

 実の娘が12歳の頃から500回に及ぶ性行為を行い、死亡した2人を含む3人の子供までもうけていたとして、69歳になるアドルフ.B(Adolf Bergbauer)容疑者が懲役2年8か月の有罪判決を受けたそうです。

 容疑者の主張によると両者の関係は「合意の上だった」とのことですが、現在46歳になる彼の娘レナーテさんと最初の性交渉をもった当時、彼女はわずか12歳。レナーテさんの証言によると、「2人の間に起こったことを誰かに話すと殺す」と脅されたらしく、また、「(誰かに話せば)どこにいようと探し出してやる」とも言われていたのだとか。

Adolf_B_02

 アドルフ.B容疑者は2011年3月に逮捕、34年497回におよぶ実の娘への強姦容疑で起訴されました。彼の容疑に対して、当初検察側の主張した求刑は近親相姦および実の娘へのレイプを合わせた14年というものでした。

 ところがニュルンベルク裁判所は、ドイツの法律のもとでは両者の性的行為が合意の上ではなかったことを証明する十分な証拠がなかったと判断。結論として、容疑者は30年に及ぶ近親相姦の罪では有罪となりましたが、実の娘に対するレイプに関してはほぼ無罪という判決となりました。

Adolf_B_03

 30年以上におよぶレイプ期間および、既述のように3人の子供までもうけていたこと(内2人は死亡しましたが)、そして当初の検察側の求刑に対して裁判所が下した判決があまりに軽かったことが、世界中の児童保護団体に衝撃を与えています。

 ニュルンベルク裁判所での判決に対し、ベルリンのレイプ被害者支援センターの広報担当者は声を荒げ、「これは全ての女性と正義に対する、衝撃的な判決です。12歳の少女にどのような抵抗と選択肢があったと裁判官は考えているのでしょう!?」と述べたということです。

(source.Mail Online / Metro.co.uk)

人はなぜレイプするのか―進化生物学が解き明かす人はなぜレイプするのか―進化生物学が解き明かす
ランディ・ソーンヒル クレイグ・パーマー 望月 弘子

青灯社 2006-07
売り上げランキング : 390494

Amazonで詳しく見る
by G-Tools