blood-top

 ブラジルのアーティスト、ヴィシニウス・ケサーダ(Vinicius Quesada)の描く“Blood Piss Blues”と呼ばれる一連の絵画は、コラージュと陰鬱な赤が印象的なシリーズ。
 この退廃的な絵画は、驚くべきことに本物の血液を用いて描かれているそうです。酸化した血液は変色しますから、色素を定着させるために混ぜ物はしているのでしょうね。“血で描かれた”というイメージが絵画に色彩を重ねて見せることができれば、たぶん手法としては成功しているはず。

VINICIUSQUESADA

01
blood1

02
blood2

03
blood3

04
blood4

05
blood5

06
blood6

07
blood7

08
blood8

09
blood9

10
blood10

11
blood11

12
blood12

13
blood13
(Via.Surreal Paintings Made with Real Blood)

怖い絵 泣く女篇 (角川文庫)怖い絵 泣く女篇 (角川文庫)
中野 京子

中野京子と読み解く名画の謎 ギリシャ神話篇 危険な世界史 血族結婚篇 (角川文庫) 芸術家たちの秘めた恋 ―メンデルスゾーン、アンデルセンとその時代 (集英社文庫) 危険な世界史 運命の女篇 残酷な王と悲しみの王妃

by G-Tools