Lytro-Red-Hot_Photo-Credit-Lytro

 正直言って、最初はどういう意味なのかよくわかりませんでした。
 米Lytro社が発表したのは、革新的なライトフィールド・カメラ(プレノプティック・カメラ)。
 マイクロレンズアレイがカメラのセンサーの上に設置されており、撮影場所の光をすべて(正確には1,100万光線)取り込むことができるという商品で、画像は独自のファイル形式で保存されるため、未加工のファイルのように「生きた写真」としてコンピューター上で操作できるということなんです。

Lifestyle_ElectricBlue_ThreeModels

 このカメラで撮影した写真の画質は、メガピクセルではなく「メガレイ」という単位であらわされるそうです。
 これはライトフィールド・センサーが取り込んだ光線の数を示しており、このカメラの場合は11メガレイとなるのだそう。換算すると、この値は約22メガピクセルに相当し、主要な属性を操作することで、写真の焦点を自由に変更できるという構造になっています。

 このカメラでは、レンズ・アレイがカメラの焦点面(光がレンズによってフォーカスされる場所で、フィルム面とも呼ばれる)に配置され、センサーがそのすぐ後ろにあるため、光の色と強度だけでなく、その「方向も記録」するというものらしい。
 気になる保存容量ですが、撮影した写真はLytro社のオンライン・サーバーに無料で保存できるとのことです。

 百聞は一見に如かずで、ひとまず下の画像のあちこちをクリックして見てください。「おお〜っ!」ってなりますよw



 その他の写真は、LitroのサイトでたくさんUPされています。

SEQ_Lytro_Group_Front

 現在は2種類のカメラが予約販売されており、8GBモデルは400ドル(約3万円)、16GBモデルが500ドル。8GBモデルには350枚、16GBモデルには750枚の写真を保存でき、出荷は2012年初めを予定しているとのこと。

(Via.WIRED.jp)

デジカメ写真でつくる! ふぉと・ねんが 2012 (インプレスムック)デジカメ写真でつくる! ふぉと・ねんが 2012 (インプレスムック)
インプレス年賀状編集部

インプレスジャパン 2011-10-21
売り上げランキング : 28372

Amazonで詳しく見る
by G-Tools