pre

 この1月に肺癌で亡くなった60代の男性が、古代エジプトのファラオと同じ方法でミイラ化され、そのドキュメンタリー番組がイギリスで放送される予定となっています。

 ファラオと同じ方法でミイラ化されるのは、人類にとっては実に3000年ぶりの出来事。ミイラ化するための献体を行ったのはイングランド南部トーキー在住だったタクシー運転手のアラン・ビリスさん(享年61)で、ビリスさんは生前、英テレビ局チャンネル4が企画した科学ドキュメンタリー番組『ミイラ化実験』に検体する意思を表明していたとのことです。

_56113510_mummy
(検体を行ったアラン・ビリス氏。写真:BBC

 収録されたドキュメンタリーによると、ビリスさんの遺体は心臓と脳を除くすべての臓器を取り除かれ、特別な塩水の中に数ヶ月間漬けられた後、乾燥され、亜麻の包帯で巻いてさらに乾燥されたとのこと。

 ミイラ化の作業を行ったのは法医学者のピーター・バネジス教授率いるチームですが、バネジス教授は、「皮膚自体がすっかり革のようになっている。完全にミイラ化したしるしだ」と語っており、「過去3000年の中で、最も素晴らしいミイラが生まれた(古代エジプト)第18王朝でも最上のミイラと同じように見えるようになる道を、彼は歩み始めた」と付け加えました。

(source.AFPBB News)

ビジュアル 王家のミイラビジュアル 王家のミイラ
フランシス・ジャノ

日経ナショナルジオグラフィック社 2010-04-05
売り上げランキング : 628930

Amazonで詳しく見る
by G-Tools