Kodak 1922 Kodachrome Film Test

 三色式テクニカラーによる世界初のカラー長編劇映画はルーベン・マムーリアン監督の『虚栄の市(1935年)』を待たなければなりませんが、ご紹介する動画は遡ること13年、1922年にコダックによって作り出された、コダクロームによるカラーモーションフィルムのテスト映像。

 1914年の後半に開始されたという二色コダクロームの最初のテストはデュアルレンズのカメラで撮影され、当初は白/黒の分離検出を行った後、フィルタ処理されたポジ・フィルムを作成するというプロセスで行われました。
 実際のプリントは漂白を用いる現像が行われ、片面ごとに乳剤の緑と青を染色し(ダブルコート)、一方の赤で染色したフィルムを組み合わせるという方法が用いられたそうです。



 この貴重なフィルムはジョージ・イーストマンハウスのコレクションにリポジトリされたもので、映像はフィルム本来の“ちらつき”やブレなども忠実にデジタルデータ化されたもの。
 登場する女優はそれぞれ、ホープ・ハンプトン(Hope Hampton)、メアリー・イートン(Mary Eaton)、メイ・マレー、子供と一緒に映っている女性に関しては不明とのこと。

 特殊な色の定着方法によるものでしょうか。まるで透き通ったかのように見える独特の発色は、どこか幻想的に見えますね。

(source.Color Motion Pictures - The Earliest Days: 1922)

死ぬまでに観たい映画1001本 改訂新版死ぬまでに観たい映画1001本 改訂新版
スティーヴン・ジェイ シュナイダー

ネコ・パブリッシング 2011-09-10
売り上げランキング : 2427

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 関連エントリー
映画における『世界初めて物語』10の例
100年前のカラー写真 - 帝政ロシア時代の写真家・セルゲイ・プロクジン=ゴルスキー
1922年撮影 - 91年前のエジプトの貴重なカラー写真
おそらく最古の、『Alice in Wonderland (不思議の国のアリス)』の映像が公開(1903)