Statue-of-Liberty-now

 ニューヨーク港内のリバティ島にある自由の女神像は、合衆国独立100周年を記念して1886年に現在の場所に設置されました。
 アメリカ独立運動を支援したフランス人の募金により贈呈されたもので、本来のモデルはフランスの象徴マリアンヌ、正式名称を「Liberty Enlightening the World(世界を照らす自由)」というそうです。
 材質は銅製で、建設当初は緑青で覆われた現在のような色ではなく、画像のように全身を銅色に輝かせていました。

 ご紹介するのは1886年当時、建設当初の「自由の女神像」の色を再現した画像と、当時のフランス・パリでの制作風景の写真。当時はきっと、今よりずっと神々しく人々の目に映ったんでしょうね。

02
Statue-of-Liberty-then1

03
stat

04
stat1

05
stat3

06
stat4

07
stat5

08
stat11

09
stat9

10
stat10

11
stat8

12.作業の様子を再現した模型(転載元:Wikipedia)
436px-Statue_of_Liberty_copper_construction_circa_1880
(Via.The Statue of Liberty — Then and Now / Statue of Liberty - Construction)

世界遺産 建築の不思議 (図解雑学)世界遺産 建築の不思議 (図解雑学)
天井 勝海

ナツメ社 2007-02
売り上げランキング : 303942

Amazonで詳しく見る
by G-Tools