Magic Trip

 映画『カッコーの巣の上で』は、1975年に公開されたアメリカ映画。
 原作者であるケン・キージー氏は、この作品の着想を、CIAの行ったLSD実験に参加したことから得ています。
 そのキージー氏をテーマにしたドキュメンタリー映画『Magic Trip』がアメリカで公開中ですが、LSD実験のサイケデリックな幻覚体験を再現した映像が興味深いので、エピソードを交えてご紹介します。

カッコーの巣の上で [DVD]カッコーの巣の上で [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21
売り上げランキング : 2415

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ケン・キージー氏は最初期にLSDを使用した人物の一人といわれており、勤務していた精神病院で、1960年にLSDが持つ効用を記録するための臨床実験に参加を求められました。
 このエピソードが、後に彼を有名にする小説『カッコーの巣の上で』のアイデアとなりますが、英語版Wikipediaによると、その実験はCIAの行っていたマインドコントロールのための秘密研究『MK-ULTRA』によるものであり、その中でキージー氏は、隔離された部屋で、次々と現れるLSDの幻覚についてテープレコーダーに録音していきました。

465px-DeclassifiedMKULTRA
(機密解除されたMK-ULTRAの文書。クリックで拡大)

 幻覚にはカエル人間やミイラ、顎ヒゲを生やし始めるテープレコーダーや拡散する色彩などのイメージが次々と現れましたが、映像はそれらのイメージを記録された音声と重ねながら再現していきます。


(Via.WIRED.jp)

 有名なケン・キージーのLSD体験を追体験させてくれる実に興味深い映像ですが、キージーはこの実験の後に、ヒッピー集団『メリー・プランクターズ』を引き連れてサイケデリック・バス「FURTHUR号」に乗り込み、アシッド・テストと呼ばれるLSDを啓蒙するツアーを開始します。

Magic Bus

 映画『Magic Trip』は、伝説的と言えるこのマジックバス・ツアーの映像を基に製作されたドキュメンタリー。
 ケン・キージーのアシッド・テストは、後に製作されたビートルズ映画『マジカル・ミステリー・ツアー』のモチーフとなるわけですが、件の映画はR指定で、8月5日(米国時間)から映画館やオンデマンドで公開されているとのこと。日本でもぜひ公開してほしいところです。

Magic Trip:オフィシャル(英文)】

アシッド・ドリームズ―CIA,LSD,ヒッピー革命アシッド・ドリームズ―CIA,LSD,ヒッピー革命
マーティン A.リー ブルース・シュレイン 越智 道雄

第三書館 1992-04
売り上げランキング : 170737

Amazonで詳しく見る
by G-Tools