トラ狩り用ロールスロイス

 歴史の仇花であり、同時にいささかの憧れも感じるかもしれない、そんな車がオークションにかけられるそうです。
 とはいえ現在では希少種のトラですから、同じく希少車種のロールスロイスで追いかけまわすような無茶な真似はしちゃいけません。

 8月中旬に米カリフォルニア州でオークションにかけられるのは、英国統治下のインドでマハラジャ(藩王)が所有していた、虎狩り専用のロールスロイス。出品するのは競売会社ボナムズで、1925年に製造されたというロールスロイス・ファントムのコンパーチブルは、インドの支配者層にとって数世紀にわたり好まれた娯楽であったというトラ狩り専用にカスタムされており、マシンガンや大砲(!)も搭載されています。

 出品されるのは、1920年代にインド北部コーターを支配していたウドメ・シン2世が所有していたロールス・ロイスで、予想価格は100万ドル(約7700万円)とみられています。
 英国統治時代のインドに詳しいプラン・ネビル氏によると、当時はマハラジャのほとんどが米国で製造された特別仕様車を所有していたのだそうです。

(source.トラ狩り用ロールスロイスが競売に、大砲も搭載:ロイター)

ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)
マハトマ ガンジー 蝋山 芳郎

中央公論新社 2004-02
売り上げランキング : 22901

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 おまけ動画。バーネットの小公女も英領インド時代のお話ですから。小公女セーラ とか、なんとなくTOP画とイメージ重なりません?



 管理人的には、バーネットといえば断然こっち↓ですが(記事の趣旨とすっかり逸れちゃったなw)。

秘密の花園 (福音館古典童話シリーズ (24))秘密の花園 (福音館古典童話シリーズ (24))
フランシス・ホジソン バーネット 堀内 誠一

福音館書店 1979-10-31
売り上げランキング : 226230

Amazonで詳しく見る
by G-Tools