wderu6pt27-Club

 27歳で死亡した伝説的なミュージシャンたちを称して語られる、『27クラブ』。お伝えしたように、その最新のメンバーに名を連ねるのが先日亡くなったエイミー・ワインハウスなのですが、彼女の歌声をあらためて聴くにつれ、得難いミュージシャンであったとの思いは募るばかり。

(以下は雑談ですので軽く流してね)

 ただ、夭折した表現者を神格化する傾向は、ずっと昔から一貫してあるもので、27クラブには批判的な見解を示す人ももちろんいるわけです。
 一例をあげると、イギリスのフォーク歌手、ビリー・ブラッグなどは、ツイッターで「ヘンドリックス、ジョーンズ、ジョプリン、モリソン、コバーン、エイミーに共通してるのは年齢ではない、薬物乱用だ」と語っているようで、個人的にも一定の説得力はあるように思う。

 それが26歳でも28歳でもないという点には、後天的に傾向づけられた側面もあるだろうと思うし、ドラッグ・カルチャーの影響もあるでしょう。もちろん商業的な意志も働いてるはず。27歳という共通した年齢に死ぬことで伝説的な存在になれると考えるミュージシャンも、結果・傾向を問わず現れる可能性もあるわけですから、“27クラブ”という称号も、色んな力学が働いた結果として作られたものなのかもしれない。

 とまあ、そんなことを頭において以下の動画をご覧になってください。
 理屈はともかく、エイミー・ワインハウスは素晴らしいアーティストです。個人的に言いたいのは、死ななければもっといい歌を歌うことができたはず、ということでしょうか。



 関連エントリー
歌手のエイミー・ワインハウスさん27歳で死亡、奇妙な共通点をもつ『27クラブ』のメンバーたち

(参考:AFPBB News - 急死のエイミー・ワインハウス、悲劇の「27クラブ」に名を連ねる)

エイミー・ワインハウス ディーヴァの憂鬱 (P‐Vine BOOKs)エイミー・ワインハウス ディーヴァの憂鬱 (P‐Vine BOOKs)
ニック・ジョンストン 押野素子

ブルース・インターアクションズ 2008-09-05
売り上げランキング : 26583

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

バック・トゥ・ブラックバック・トゥ・ブラック
エイミー・ワインハウス ゴーストフェイス・キラー

USMジャパン 2009-03-04
売り上げランキング : 292

Amazonで詳しく見る
by G-Tools