title

 筑波大学発のベンチャー企業であるソフトイーサ株式会社が開発したのは、 開発コード名:「QUMA / クーマ」と呼ばれる、フィギュア型の3D入力デバイス。

 QUMAの各関節内部にはセンサーが組み込まれており、自在なポーズをリアルタイムでコンピュータに入力することができます。いわば、フィギュアを使って自在な3Dモーションキャプチャーを行うことができる入力デバイスというわけで、個人レベルではこれまでは困難だった“直感的な操作“を簡単に行うことができるという画期的なものです。

pic2

 これまで個人レベルや趣味の領域での3D-CGアニメーションを製作するには、ソフトウェア内の人形の操作をキーボードやマウスを使って行うために、かなりの慣れと習熟を必要としました。その点、QUMAはフィギュアのポージングがそのままリアルタイムに反映されるため、誰でもコンピュータ内の任意のキャラクターを容易に操作することが可能となります。

pic3

 デバイス自体もUSB端子を使用するために接続も容易で、コンピュータ上で動作している 3D-CG アプリケーションやゲームソフトウェア等のプログラムに活用されることが期待されています。



(source.ソフトイーサ株式会社 - 報道発表資料)

化物語 羽川翼 (1/8スケール PVC塗装済み完成品)
グッドスマイルカンパニー (2011-09-25)
売り上げランキング: 190

初音ミク・アペンド (1/8スケール PVC塗装済み完成品)
Max Factory (2011-10-25)
売り上げランキング: 131