twin_heads02

 ウクライナのヤルタにある私設動物園『Skazka(おとぎ話)』で、二つの頭を持つ蛇がデビューし、人気を集めているそうです。

 しかもこの双頭の蛇はアルビノ(白化個体・白子)であり、園長や飼育係によると、2つの頭はそれぞれ独立した意思を持っており、互いの意見が合わないこともしばしばだとか。

twin_heads01

 話題となっているヘビはキングスネーク種の中でもアルビノ種の“カリフォルニアキング”と呼ばれるヘビで、全長は60センチ。3歳になるそうですが、双方の頭が独立した思考を持っているため、別々の方向に這っていこうとしたり、たがいに餌を奪い合って喧嘩になることもあるという。

twin_heads03

 ある飼育員は「2つの頭を壁で隔てる必要がある」と語っています。
 とはいえ餌をとりあったところで胃袋は一つしかないため、結局は満腹してしまうとか。ただし、キングヘビには他の爬虫類を襲う習性があるため、片方の頭がもう片方の頭を襲って食べてしまう恐れもあるそうです。

 このケルベロスのようなヘビをお披露目して以来、来園者の数はおよそ2倍にのびたと言いますが、飼育係の苦労はしばらく続きそうですね。

(sauce.AFPBB News)

ヘビのひみつ (ふしぎいっぱい写真絵本)ヘビのひみつ (ふしぎいっぱい写真絵本)
内山 りゅう

ポプラ社 2009-02
売り上げランキング : 154424

Amazonで詳しく見る
by G-Tools