91-640x494

 1960年代にイギリスで生産された世界最小の自動車“ピール”。生産したのはオートレースで有名なマン島を拠点とする自動車メーカー「ピール・エンジニアリング・カンパニー」で、P50トライデント などの小型自動車で有名となりましたが、1969年に営業を停止していました。

 ピールを一躍有名にした P50 および トライデントは後部一輪という独特の形状をもつ三輪自動車でしたが、トライデントが65年と66年、P50 が62年から65年と、限定された期間に製造されたのみで、現在ではマニアの間で高値で取引されるだけの存在だったそうです。
 ところが近年、二人の自動車愛好家によって買収されたことで、再びマイクロカー製造のプランニングが発表されました。現在、レプリカベースでの発注を開始しているそうです。

02.宇宙船のようなドーム型のキャノピを持つ、ピール トライデント。
trident

03.見れば見るほどキュート。レトロフューチャーですね。
trident_2

04.こちらが P50。子犬のような、カワイイ顔つきをしています。
p50_7

05
peel_04

06
peel_03

07
peel_02

08.トライデントとP50のツーショット。
gumball04

09.まるで旅行鞄のように持ち運び自在。
gumball02

10
gumball01
(Via.Adorable 60s-Era Peel Microcars Are Still World’s Smallest Cars / Peel Engineering:Home / Andy's Modern Microcars)

Weird Cars: A Century of the World's Strangest CarsWeird Cars: A Century of the World's Strangest Cars
Stephen Vokins

Haynes Pubns 2012-05-18
売り上げランキング : 762677

Amazonで詳しく見る
by G-Tools