8e6bc5ad4d6e9d59a4c6cc1100bf

 エチオピアの6歳の少女、Yeabsra Hailmarim ちゃんは深刻な顔面裂の症状を持って生まれましたが、カナダのトロントで形成手術を受けて新しい顔を手に入れました(上掲画像は術後の様子)。

 一部刺激的な写真が含まれるのでご注意を。

682d1b4548db8bf940995966160f

 社団法人 日本外科学会(Link)によると、顔面裂とは「生まれつき組織の一部が裂けた状態を裂と呼び、母体内で受精卵から顔が形成される過程において何らかの組織の障害や癒合の不全によって生じると考えらています。代表的なものは唇裂ですが、これ以外にも顔では様々な裂異常があり、これらは総じて顔面裂と呼ばれています。」とのことで、程度の差こそあれ、顔面裂は唇裂に比べて発生頻度は圧倒的に少なく、「稀な顔面裂」と呼ばれているのだそうです。

Yeabsra03

Yeabsra04

 Yeabsra ちゃんの場合は顔面中央が平らに広がり、大きく離れた両目の間は角のように二つのコブが隆起しているという症状で、トロントの小児病院では12時間を要した矯正手術で両目間の幅を狭めるために頭蓋骨の4か所を切り取り、再度パズルのように組み合わせ、鼻を形成するための骨移植を行うなどの処置が施されたとか。

Yeabsra02

 トロントの慈善団体「Transforming Faces Worldwide」の援助を受けて3月下旬に渡加した Yeabsra ちゃんの入院費は基金でまかなわれ、医師は無報酬で執刀を引き受けたとのことで、感染症の心配があるため用心が必要ですが、術後の経過は良好で神経学的な後遺症も出ていないとのこと。また、今後鼻頭の再建手術も必要だそうです。

Yeabsra05

  特にエチオピアの一部、農村部などでは先天性異常を持つ子供は、神からの呪いと忌避され、親に罰を与えられるなどの場合もあるそうで、また いくつかの国では、これらの赤ちゃんは放棄されているとか。
 そういう点では、Yeabsra ちゃんの場合は非常に幸運が重なった一例といえるのかもしれません。

(source.Reborn: See Yeabsra’s new face)

陳列棚のフリークス陳列棚のフリークス
ヤン ボンデソン Jan Bondeson

青土社 1998-09
売り上げランキング : 569550

Amazonで詳しく見る
by G-Tools