宮崎駿監督iPadについて「ぼくには、鉛筆と紙があればいい」と語る

 この記事は「ガジェット通信」の記事を中継に、佐々木康彦さんのブログ「平凡でもフルーツでもなく、、、」を参考といたしました。

 まるでipadを否定するかのような宮崎駿監督の発言はipadユーザーのみならず、ネットユーザーの多くから賛否を巻き起こしたようで、それに便乗してアンチ宮崎派の人たちも気炎を発しているという構図になっているようです。

 例えば参照ブログの記事には、

prt

 という具合に、宮崎監督のインタビュー記事が掲載された「熱風」(スタジオジブリ発行)の記事を引用しつつ述べられているのですが、ここからは個人的な雑感として、「ぼくには鉛筆と紙があればいい」と述べる宮崎監督の言葉には抵抗を覚えるというよりは、むしろ清々しくさえ感じたのですが管理人が変なのでしょうか。

 確かにipadユーザーにとっては「自慰行為」だの「嫌悪感ならある」だのと言われれば心地よいものではないでしょうが、それは表現の仕方が気に入らないというところに収めておくべきです。では同じ文脈での「電車の中がマンガを読む人間だらけだった時も、ケイタイだらけになった時も、ウンザリして来ました。」と言う発言には思い当るところはないでしょうか。
 少なくとも管理人は電車が携帯だらけになった時には監督と同じような感覚を抱きましたし、若い人たちが地べたに平気で座るようになった時も「嫌悪感を」抱きました。
 平気になったというよりは、今では慣れてしまっただけで(携帯に関しては自分自身もそうだったというのもあります)、今でも基本的には好きな傾向ではありません。「慣れていない」外国の人たちなどには未だに奇異の目を向けられ、しばしば取り上げられるのもやむを得ないところがありますし、内心では忸怩たるところもある。

 また、
 prt2

 上の文章では、資料探しの道具として使いこなせばいいのでは? という記者の質問に対して、「あなたには調べられません。なぜなら、安宅型軍船の雰囲気や、そこで汗まみれに櫓を押し続ける男達への感心も共感もあなたは無縁だからです。世界に対して、自分で出かけていって想像力を注ぎ込むことをしないで、上前だけをはねる道具としてiナントカを握りしめ、さすっているだけだからです。」と答えている監督の言葉が引用されています。

 自分は「熱風」を購読したわけではないのでブログ記事(の引用箇所)を読んだだけの孫引きのような印象論しか述べられないのですが、監督の本意は「消費者になってはいけない。生産するものになりなさい。」という言葉に集約されているのではないでしょうか。この場合の「消費者」とは、ブログの引用箇所から推定するに「世界に対して、自分で出かけていって想像力を注ぎ込むことをしないで」、「新製品にとびついて、手に入れると得意になるただの消費者」のことでしょう。

 翻ればこの世界にあふれるありとあらゆる商品、あらゆる言葉がかつては「新しいもの」であったのだろうし、それは宮崎氏の言う「紙と鉛筆」にも適用できる。しかし、氏の言う嫌悪感がipadという商品のみに向けられているのかといえばそうではなく、むしろそれを扱う人、その消費者に向けられているというのは大体読み取れる。
 自分自身を振り返り、そういう受け身の消費者にはなっていないかと考えてみた時に、とてもじゃないが胸を張ることなどできません。だからこそ、反発するよりは自らを省みるための示唆に富んだ意見という程度に収めておこうと思いました。

 そんなこんなで、ロケットニュース24でこういう記事を見つけたんですが。もちろん宮崎監督も消費者がいなければ生活できない立場の人間ではありますし、それを言い出したら大抵の商売というのは成り立たないのじゃないでしょうか。
 一方では宮崎監督の(作家としての)意見がある、他方ではジブリは商品を売り出し利益を上げる会社である、当然のことです。

 しかし。
 かつて寺山修司は、書を捨てよ町に出ようと言いましたが、ipadはともかくケータイは捨てて街には出れないからなあ(苦笑)

(※注:参考元の佐々木康彦さんのブログでは宮崎監督の意見を否定しているような箇所はなく、当エントリーではあくまでも参考として引用したのみですので文責は管理人へ。念のため)

宮崎駿の雑想ノート
宮崎駿の雑想ノート
posted with amazlet at 10.07.19
宮崎 駿
大日本絵画
売り上げランキング: 2574
おすすめ度の平均: 4.5
5 持ってない人は是非手にとって!
5 楽しい作品
5 凄い!!
5 脳内描写
4 ラフスケッチ

泥まみれの虎―宮崎駿の妄想ノート
宮崎 駿
大日本絵画
売り上げランキング: 2617
おすすめ度の平均: 4.5
4 やや敷居が高いですが、おもしろい
4 雑想ノートとの違い
5 戦車って、大変
5 素人の戦車バイブル?
5 妄想あっての創作