ジョーカー 許されざる捜査官
(※画像クリックで公式サイトへ飛びます)

 この作品はフィクションです。
 登場する個人・団体・施設名等は
 架空のものであり、
 あくまでフィクションにすぎません。
 しかし--
 これをただの作り話と受け取るか、
 現代の闇と捉えるかは
 貴方に委ねます。

 という断り書きから始まるドラマ、『ジョーカー 許されざる捜査官』。
 いわば、“現代版必殺仕事人”といった風情です。

 主人公は神奈川県警捜査一課・警部の伊達一義(演:堺雅人)。課では怒った姿を見せたことがなく「仏の伊達さん」と呼ばれている人物なのですが、ほっしゃんによく似た少年時代、両親をヤクザ風の男に目の前でコンクリート詰めにされて殺されたという壮絶な過去を持っています。

 主要キャラクターは、新人刑事の宮城あすか(演:杏)、鑑識の久遠健志(演:錦戸亮)、捜査一課長の井筒将明(演:加賀丈史)、元刑事のルポライター片桐冴子(演:りょう)、伊達の同僚刑事・来栖淳之助(演:平山浩行)といったところ。

 第一話では7歳の男児が殺されたという事件が描かれ、凶器はベアリング弾を発射する改造エアガンであったということが判明します。
 やがて、凶器の改造銃を作ったのは自分だとして木内亨という人物が出頭してくるのですが、木内は高校時代に彼をいじめていた新垣という人物に強制されて、改造銃を制作したと証言。
 警察の疑惑は新垣に向けられるのですが、やがて....。

 というストーリー。
 本家の必殺でもこういう描き方はしないだろうという程度にシビアな描写が続くのですが、被害者の心理や犯罪者の背景などを丹念に描いており、この点はかなり良くできたドラマであると感じました。また、中盤から後半になるにつれ、視聴者が闇の制裁を下す伊達へと共感を高めていく方向へと物語は加速するのですが、被害者夫婦の感情の高ぶりと犯人の狂気を交互に見せるあたりは「上手いな」と思わせます。

 初期の必殺がもっていた、「こいつは殺さなきゃいけない」という視聴者の共感という意味では、今の仕事人にも見習わなきゃいけない部分があるように思う。

 ところで元同僚の片桐冴子によると、彼女が現役時代から「神隠し」と呼ばれる犯人の消息が忽然と消える現象が、しばしば起こっていたようであり、伊達はかなり以前から闇の制裁を行っていたことを匂わせます。
 ほっしゃんに似た少年時代、両親を殺された伊達が実は....という描写がクライマックスに用意されており、伊達の“心の闇”なども今後は描かれるようになるのでしょう。また課長の井筒の意味深なセリフなどもあり、これは何か気付いてるな、と思わせます。
 今後の展開に要注目、という感じです。

 で、必殺ファンなもので、ついつい仕事人と引き比べてしまう部分があるのですが、現代劇と時代劇という違いは別としてもあまり意味のあることではないかもしれませんね。
 まあ、ベースの物語をシンプルに描くというストーリーテリングの基本は20XXシリーズよりも理解してるな、とは思いましたw

ジョーカー 許されざる捜査官 DVD-BOXジョーカー 許されざる捜査官 DVD-BOX

ポニーキャニオン 2011-01-19
売り上げランキング : 7643

Amazonで詳しく見る
by G-Tools