鳩山発言
細川内閣に1日及ばず=鳩山内閣:時事ドットコム
 鳩山内閣は4日に総辞職する見通しとなった。その場合、鳩山由紀夫首相の在職日数は262日で、自らが官房副長官として仕えた細川護煕元首相に1日及ばない。現行憲法下の歴代首相29人中、5番目の短命政権となる。
 時事通信の世論調査で、鳩山内閣の発足当初の支持率は60.6%と、小泉、細川両内閣に次ぐ歴代3位の高水準でスタート。だが、5月の調査では19.1%に下落。最後まで高支持率を維持した両内閣とは対照的な幕切れとなった。(2010/06/02-22:32)

 ひとまず現行憲法下での短命内閣ワースト10をコピペしておきますと、

(1) 羽田孜内閣 64日
(2) 石橋湛山内閣 65日
(3) 宇野宗佑内閣 69日
(4) 芦田均内閣 220日
(5) 鳩山由紀夫内閣 262日 ←NEW
(6) 細川護煕内閣 263日
(7) 片山哲内閣 292日
(8) 麻生太郎内閣 358日
(9) 福田康夫内閣 365日
(10) 安倍晋三内閣 366日

 ということですが、その内の(1)(3)(5)(6)位に小沢一郎総書記が深く関わっていることをこっそり触れておきます(笑)
 間接的にマスメディアを利用して、という野党・民主党時代の関わり方を介入と呼べるのであれば、近年の短命内閣のほぼ全てに小沢一郎という人物が関わっているということが言えましょう。いい加減、この人物の存在が日本の国益にとって百害あって一利なし、ということに気付いても宜しいのじゃないでしょうか。

 ところで第一報を聞いた瞬間、管理人としては「....ちっ」と、軽く舌打ちしそうになったことを正直に書いておきます(笑)が、明日にでも決定する次期民主党代表が菅直人誰かというのはともかく、これで民主の支持率が少なからず回復するだろうことは容易に想像できます。

 管理人が舌打ちしそうになったのも要するにそれを避けたいと考えていたからで、それが小鳩体制の解消という、少なくとも見た目には最良の形で行われたことは管理人にとって好ましいことではありませんでした。
 明日以降の支持率の推移に注目といったところですが、これで「クリーンな民主党に生まれ変わりたい」と述べた鳩山総理の辞任表明での大義名分が、国民の耳を心地よく擽ることになります。

「政権与党のしっかりとした仕事が必ずしも国民のみなさんの心に映っていません。国民のみなさんが徐々に徐々に聞く耳を持たなくなってきてしまった。そのことは残念でなりませんし、まさにそれは私の不徳のいたすところ。」

 というのは辞意表明のぶら下がりで鳩山総理が述べた言葉ですが、さらりと「政権与党のしっかりとした仕事」と自らを持ち上げ、挙句が「国民のみなさんが徐々に徐々に聞く耳を持たなくなってきてしまった」などと、あたかも国民を悪者にするかのように言ってのけるところが、宇宙人を通り越して単なる狂人にすぎなかった鳩山由紀夫という人物の本性をさらけ出しています。

 「聞く耳を持たない」というのは、こちらが正しいことを言ってあげているのに、「相手に聞くだけの耳がない」という意味ですからね。
 こんな厚顔無恥な発言もないのは、ちょっと考えればわかる。こんなので同情する人が巷には結構多いから困るんですよ。

【首相辞任】「国民が聞く耳持たなくなった」 軽さ 最後まで“宇宙人”:MSN産経ニュース
 「国民の皆さんが聞く耳を持たなくなってしまった」。退陣表明した2日午前の民主党両院議員総会で鳩山由紀夫首相は悔しそうに語り、同日夕も同じ言葉を繰り返した。しかし、退陣の原因と自ら認めた「普天間問題」と「政治とカネ」は自身の発言のぶれや軽さが引き起こした。“宇宙人”という評も「10年、20年先のことを言っているから分かってもらえない」と独自に解釈。「言葉の軽さ」は最後まで変わらなかった。
(中略)
 両院議員総会でも、子ども手当や高校無償化など実績を強調する一方、「しっかりとした仕事が必ずしも国民の心に映っていない」と述べ、「私の不徳の致すところ」と残念がった。
(後略)

 結局、子ども手当の支給が始ったことで、バラマキの得票が一定量増加することを見込めたことと、
 白樺ガス田の譲歩で温家宝に素晴らしい手土産を献上することができたので、倭国日本としては大満足。あとは参院選だ、ということでしょう。
 そこの戦略がどういうものかというのは、野党時代に鳩山代表(当時)が自ら否定していたところの画像を冒頭に張り付けておいたので、盛大なブーメランぶりを噛みしめてください。

【日中首脳会談】成果の裏には大幅譲歩 「白樺」出資は3分の1以下の見通し:MSN産経ニュース
 31日に行われた鳩山由紀夫首相と温家宝中国首相の首脳会談は友好ムード演出に腐心し、東シナ海のガス田共同開発問題で中国が条約交渉入りに同意するなど成果が並んだ。だが、中国が早期開発を目指す「白樺(しらかば)」ガス田(中国名・春暁)などで日本側が事前交渉で大幅な譲歩案を示し、これに中国側が飛びついたにすぎない。両政府は局長級協議を近く開始する方針だが、日本の出資比率は最大で3分の1以下に抑えられる可能性が高い。
(中略)
 これまでの交渉で、中国側は、先行開発したガス田「白樺」について、5対5の対等条件での開発とした他のガス田と異なり、共同開発の対象外と明確にするように強硬に要求してきた。
 白樺は東シナ海のガス田で最大の埋蔵量が見込まれており、中国側はすでに商業都市の上海につなぐパイプラインの敷設を進めているからだ。出資比率などの条件面が有利に進めば、中国側のメリットは大きい。
(中略)
 外務省幹部は「白樺の出資比率について中国側と合意はない」と説明するが、他の共同開発と「出資」との線引きを明確にしたことにより、交渉は中国側に有利に進む見通しだ。日中関係筋は中国企業2社がすでに開発を手がけていることを挙げ、「日本の出資比率は単独で2社を超えない3分の1以下となるはずだ」との見方を示している。

 ....ああ、ぶん殴ってやりたい。

 こほん。
 いずれにせよ控えているのは参院選、ここで選挙屋・小沢一郎の力を民主党が手放したと見るのは早計でしょう。いまだ党内では小沢派がキャスティングボートを握っていることは間違いないわけです。
 今回の辞任劇が小沢院政をより深めることになるだろうことは、この男の師事していた故・田中角栄氏が闇将軍と呼ばれていたことを考えれば....なんてことをつい考えてしまいますけどね。

 ひとつだけ言えるのは、投票率の低下は与党を利する、ということです。これは前政権時代から言われていたことですから、いずれにせよ投票にだけはいきましょう。

日本をここまで壊したのは誰か日本をここまで壊したのは誰か

草思社 2010-05-22
売り上げランキング : 2795
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

WiLL (マンスリーウィル)10年6月号別冊 小沢一郎を裁く! 2010年 06月号 [雑誌]WiLL (マンスリーウィル)10年6月号別冊 小沢一郎を裁く! 2010年 06月号 [雑誌]

ワック 2010-05-17
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools