以前のエントリーでも懸念していたことが、やはり現実になってしまったようです。
 以下の引用は『朝鮮日報/chosun online』によるものですので、その点ご考慮を。

独島:日本側が搬出を防ごうとした「立て札」(上):朝鮮日報

 以下、引用。

 日本側が韓国に売られることを懸念していた江戸時代の木製の立て札が、劇的な形で韓国に持ち込まれた。この立て札は1837年のもので、独島(日本名:竹島)と鬱陵島は韓国領のため、日本人の渡海を禁止するという内容が記されている。

鬱陵島の立て札

 この立て札は、昨年3月に京都で競売にかけられた。産経新聞は「当時、日本では鬱陵島を竹島と呼んでおり、今の竹島とは別の場所なのに、韓国側はこれを利用して自国の領土だと主張する誤りを犯している。この立て札が韓国側に渡ってはいけない」という趣旨の報道を行った。

 そんな立て札を、韓国人の事業家が150万円で購入した。立て札は、独島や鬱陵島周辺で操業していた漁民二人を海禁令違反で江戸幕府が処刑した翌年に作られたもの。

 木製の立て札は、1837年2月に江戸幕府の命令を受け、高田藩が新潟の海岸に掲示したもので、大きさは縦33センチ、横72センチ。立て札の上には二つの輪が付いており、掲示板に下げられていたものとみられる。

 立て札には、「竹島(鬱陵島)は元禄時代から渡海停止を命令した場所であり、他国の地に航海することを厳重に禁止する。竹島の右の島も航海してはならない」と記されている。(鬱陵島の)右の島とは、独島を指す。

 国際文化大学院大学のイ・サンテ助教授は、「この立て札には、竹島(鬱陵島)の右の島(独島)まで航海禁止を命じたと記されており、日本が独島を韓国領と自ら認めた重要な資料」と語った。つまり、この「右の島」という文言のために、日本側が立て札の搬出を防ごうとしたと言う。

 渡海禁止の立て札は、鳥取県浜田市の郷土資料館にも一つ残っている。大きさは縦50センチ、横1メートルで、今回発見された立て札より2年後の1839年に作られたものだ。

 続きは以下。

独島:日本側が搬出を防ごうとした「立て札」(下)

 以下、引用。

 しかしこの立て札は、竹島(鬱陵島)への渡海禁止令を下したと記されており、日本側は、独島は該当しないと主張してきた。これに対し韓国側は、独島は鬱陵島の付属の島であって、特別に記載しなかったという論理を用いた。

 しかし、今回の立て札の発見で、日本が独島を自国領から排除していたことが明確になったわけだ。立て札は、続けて「海上で他国の船と出合わないようにし、遠い海にはできるだけ出ないよう申し付ける」と記している。

 当時の日本の記録を見ると、「江戸幕府の渡海禁止統治は立て札の形で掲示板に示され、小代官は方々にこれを知らせなければならなかった」とある。そのため、こうした鬱陵島・独島渡海禁止令の立て札は、日本の海岸のあちこちに立てられたと推定される。

 この立て札は昨年3月15日、京都のオークション会社「古裂会(こぎれかい)」で、最低落札価格を120万円として公開競売に付された。日本人3人が138万円、145万円、150万円で応札した。5万円差で落札されたものを、韓国人事業家が入手した。

 後略。

 記事を読んでいてこんがらがっちゃうんですが、どうしてこんがらがっちゃうかというと、記事が日本の主張である「江戸時代の竹島は現在の鬱陵島だ」という部分を(おそらく意図的に)スライドさせて、いつの間にか過去の竹島と韓国名・独島(*現在の竹島)とを同一のものとして語っている部分。

 ここでもう一度、竹島の位置関係を確認しますと、

鬱陵(うつりょう)島
(※画像の竹島が、かつての「松島(韓国名・独島)」で、画像の鬱陵島が、かつての「竹島」)

 これを朝鮮日報の記事では、

「竹島(鬱陵島)は元禄時代から渡海停止を命令した場所であり、他国の地に航海することを厳重に禁止する。竹島の右の島も航海してはならない」と記されている。(鬱陵島の)右の島とは、独島を指す。

 と主張しているんですが、あのね。
 どうして日本から見て、鬱陵島の右側の島が竹島って論理になるのよ。
 日本から見て「鬱陵島の右側の島」って、どう考えたって竹嶼でしょうが。そもそも渡海禁止というパブリックな告知の中で、松島というれっきとした名前のある島を「右の島」とか表記するわけがない。

竹嶼
(※鬱陵島の隣にちっちゃく見えるのが、竹嶼。どう考えたって、これが「右の島」)

 国際文化大学院大学のイ・サンテ助教授は、「この立て札には、竹島(鬱陵島)の右の島(独島)まで航海禁止を命じたと記されており、日本が独島を韓国領と自ら認めた重要な資料」と語った。つまり、この「右の島」という文言のために、日本側が立て札の搬出を防ごうとしたと言う。

 今回の立て札の発見で、「日本が独島を自国領から排除していたことが明確になったわけだ」としているけども、立札には、
「元禄之度朝鮮国江 御渡ニ相成候 以来渡海停止候」
 と書かれているわけで、つまり「元禄の“竹島一件”での領有権争いの結果、朝鮮国江つまり朝鮮領海での鬱陵島への渡海禁止を改めて掲示したもの」という文脈の中で「右の島」がどれを指すものか。

 ややこしいですけど、要するにですね、

 ここでの「元禄時代から渡航禁止であった竹島(鬱陵島)」とは現在の鬱陵島を指しているだけであって日本の主張とは何ら矛盾をしないのに、次の文章では、「(鬱陵島の)右の島とは、独島(現在の竹島)を指す」として、現在の竹島(韓国名・独島)が渡海禁止とされていた、と論旨をスライドさせているわけです。

 だから、日本国内で保持できるように手を打っておかなきゃいけないんですよ。でなきゃ、頭のわいた奴が増えるんだから。


 ※追記。
 どうにか高札の原文が読み取れないかと画像を加工したり色々とやってみたんですが、力及ばず。よってプライベートモード解放します。

「大阪高麗橋西詰に建つてゐた御制札之写」(『上方 第35号』上方郷土研究会編 創元社 1933.11)より*10番目【渡海札】参照。

定         横四尺五寸長壱尺六寸

今度松平周防守元領分石州浜田松原浦罷在候無宿八右衛門
竹嶋ヘ渡海いたし候一件 吟味之上右八右衛門其外 夫々厳科
被行候 右嶋往古は 伯州米子のもの共 渡海魚漁等いたし候
といへども 元禄の度 朝鮮国ヘ御渡相成候 爾来渡海停止
被仰出候場所に有之 隨而異国渡海之儀は重き御禁制候條
向後右嶋之儀も同様相心得 渡海いたすましく候 勿論国々
の廻船等 海上におゐて異国舶に不出合様 乗筋等に心かけ
申べく旨 先年も相触候通 弥相守 以来は成べくたけ島沖
乗不致様乗廻り申べく候

 右被仰出候触書之趣 無違失屹度可相守之者也

  天保八酉年四月    奉行

右従江戸被仰下候 堅可相守者也

(*注・原文は縦書き)

 上の文章は件の立札ではなく天保八年に立てられたもので、無宿八右衛門という人物が竹島(鬱陵島)へ渡海したことに厳科を下した旨を公示するとともに、あらためて島への渡海を禁ずる旨を知らしめた内容となっています。
 また、今回の立札にある、
「元禄之度朝鮮国江 御渡ニ相成候 以来渡海停止候」
 という文章とほぼ一致する文章が含まれており、今回の立札の内容と大意は共通すると考えられます。

 そこで「右の島」という表記ですが、
「右(之)嶋往古は 伯州米子のもの共 渡海魚漁等いたし候
といへども 元禄の度 朝鮮国ヘ御渡相成候 爾来渡海停止」
「右嶋之儀も同様相心得 渡海いたすましく候」
 と引用したものに見られるように、これは当然、文中の右側におかれた「竹嶋ヘ渡海いたし候一件」の「竹嶋」を指し示すものです。つまり管理人の書いた「上の文章は」という表記と用法は同じということが言えます。
 あくまでも原文が分からないという範囲では推測の域を出ませんが、まずこの考察で間違いはないでしょう。
 いずれ立札の翻刻も公開されるのかもしれませんが、「右の島」が鬱陵島の右側の島を指しているにせよ、文中での「右の島」を示すものであるにせよ、韓国側の主張に根拠が薄いことは間違いないでしょうね。

新 歴史の真実 (講談社プラスアルファ文庫)新 歴史の真実 (講談社プラスアルファ文庫)
前野 徹

講談社 2005-03-18
売り上げランキング : 20688

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。