a0083474_10384876

 完全にレビューする時期を逸しています。まあいつものことです(苦笑)。
 正直言って感想を書くようなモチベーションはすでに失しているんですが、今回は物語の評価はそこそこにして、自分がブログを書くにあたっての姿勢なんつーものをちょっと書いてみようかな、と思います。

 まず、そこそこの感想。

 だから初めから大風呂敷ひろげるなと。
 桐ノ屋も巳ノ助もまったく必要じゃないぞ、と。というか、それなら初めから桐ノ屋と老中・加納だけで済む話じゃんよ、と。
 鬼面仕事人の正体が伝七だったというのも、取って付けたみたいでいい加減な感じがしたし、ぶっちゃけ余計な設定だと思う。それが大老に絡んでいたというのも、少なくとも俺には全く要点が見えなかった。

 だから、取っ掛かりは 仕事人狩り なんじゃねーの?

 この番組は「必殺仕事人」なんだから、仕事人視点(視聴者視点といっても誤りではないかな)からいえば、作品の視点はそこに派生するものであるはずなんですよ。なんで桐ノ屋とか「途中から」出すのよ。逆でしょうが。
 仕事人狩りという良くも悪くもメジャーなモチーフを使うのであれば、そこに最初から大老なんて大物を咬ませる必要は皆無だと思う。
 わかりやすく言うとですね、

 「仕事人狩り」→「最後の大仕事」

 というタイトルの流れで行くのなら、初めから、

 「桐ノ屋あたりから始めて」→「大老へ繋ぐ」

 という流れのほうがすんなり行くじゃないの? と思う。逆だもん。
 だから先の記事で、権力のインフレなんて言い方を冗談まがいにしたんですよ。嫌な予感がしたから。

 そもそも、桐ノ屋とか巳ノ助とか蛇足なキャラに比重を置くよりも、前回のエピソードで思わせぶりに語られた「お菊がかつて手に掛けた人物」を物語に絡める方がよほど有意義だし、深みも増すはず。
 でなけりゃ余計な雑談を差し挟むな、と。

 なんでこう、物語の大切な部分を次へ繋げようとせずに、不要なキャラとか唐突に入れてお茶を濁すかな。
 ここが、今回の話で一番気になった部分。

 個人的に良かったところは、久しぶりにテレビで派手なチャンバラが見れたというところです。そんだけ。

 さて、自分で読み返してもこのブログでは作品に対して文句を言っているばかりのことが多いです。まあ持ち上げるところは持ちあげてるんですが、ふらっと立ち寄った方などには伝わりにくいですよね、管理人のキャラクターですからこういうところは。

 これは管理人が偉そうなことを述べられる立場にいるわけでもなければ、それだけの見識を持っているわけでもありません。俺はただちょっと、時代劇と必殺(+α)が好きなだけです。
 まあ……最近は、好き「だった」だけです、という過去形になりつつあるんですが、なんとか踏みとどまっていきたいところ。

 これは俺の考えですが、視聴者は与えられるものに満足していればそれでいい、という性質のものではないと思います。少なくとも近年はそうですね。ドラマもマスメディアの一つですから。もちろん皆さん、それぞれにそういうお考えは持っておられるだろうとは思うのですが、少なくとも。
 俺はブログというツールを持っているんですよね。そんなこと意識して始めたわけじゃなかったんですけど。

 また管理人は個人的な日常や日記とかを、あまり公の場で形にしたくない人間です。旅行記だとかそういう形でなら記録的な意味もあって楽しめますが、仕事のことなど生々しいところはあまりブログに書くことはありません。恥ずかしいですから。
 そんなわけで映画だとかテレビだとかのレビュー中心になるわけですが、そういう個人の性質の中でですね、

「面白かったよねー、良かったよねー」

 そんなことしか書けないのであれば、俺はブログなんて閉めます。
 俺の考え方なんぞに同意してくれる必要なんてまるでないわけですが、「なに言ってんだこの管理人」とか「それはそうだけど、ここは違うぞ」とかね、叩き台くらいのことは書けなきゃつまらないよね、という。

 具体的に言うと、

 仕事人シリーズの最終回なんて昔からお決まりじゃん。

 という立場で発言する意見なんて、少なくとも俺には得るところはないというところですよね。
 それで満足できるんなら、「昔の必殺はこうだった」的なことなど初めから言うべきではないし、目標としての高いところなど目指す必要もない。
 この先もずーーっとワンパターンな最終回で満足してればいいのだし、そもそもそれを望んでるんだよね? としか言えない。

 そういうスタンスで話をするわけですから当然、誤りも生じてきます。そういうのはもう、覚悟しておくしかない。
 とはいっても2009も終わっちゃいましたけどね(笑)

 ああ、そうそう。書いててちょっと思い出したことがあった。
 例の10話の時だったか、エビさんのブログコメントで、「物語に連続性を持たせつつ、最終回まで引っ張る作劇」を理想としたうえで、「そこにつながるところのキーマンに、伝七を使えばいい」として、伝七に言及したことがあった。

 それがまさか、ああいう突拍子もない形でとは……。最悪ですわ。
 なんの前フリもねーんだもん。

必殺仕事人2009公式ガイドブック必殺仕事人2009公式ガイドブック
朝日新聞出版

朝日新聞出版 2009-03-19
売り上げランキング : 206189

Amazonで詳しく見る
by G-Tools