付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。


【動画】青春の光と影。リア充たちが海辺で遭遇する衝撃の体験『Set Yourself Free』

Set Yourself Free

 ジョニ・ミッチェルの名曲『青春の光と影』とはなんの関係もないのですが、青春を謳歌する若者たちが学校を抜け出し、とある砂浜で遊んでいると、トンデモない衝撃が彼らを襲うという動画をご紹介。
 オーストラリアの Learn for Life Foundation という財団のプロモーションビデオのようですが、どうやら命について学んでくださいという趣旨のビデオになっているようです。確かに青春には大きな危険が潜んでいますよね。
 それがこうしたものかどうかは別として。

続きを読む

【動画】もしも進撃した巨人が赤ちゃんだったら? パロディ・アニメ『進撃の可愛い巨人』

ATTACK ON CUTEST TITAN

 現在、実写映画化が進行中の諫山創さん原作による『進撃の巨人』。
 個人的にもTVアニメは昨年のベストの中に数えたいくらい楽しかったわけですが、そんな『進撃の巨人』は海外でも大人気。
 以前に科学的に正しいスパイダーマンミュータント・ニンジャ・タートルズのパロディをアニメ化したADHCが今回配信したのは、もし巨人がチョー可愛かったら? をコンセプトにした『ATTACK ON CUTEST TITAN』という作品。
 進撃してきた超大型巨人が赤ちゃんだったというので、あまりの可愛さに調査兵団も倒すわけにもいかず......?

続きを読む

【動画】レコード盤で再現するフェナキスト・スコープ『Plastic Infinite』

Plastic-infinite-x2

 1831年にゾートロープに先んじて発明されたフェナキストスコープは、ベルギーの物理学者ジョゼフ・プラトーとオーストリアの発明家サイモン・フォン・スタンプファーが同時期に発明したとされる、アニメーションのルーツ的存在。
 別名ステレオ・ディスクとも呼ばれますが、残像現象を利用したフェナキストスコープをビニール盤で再現したのが、動画の『プラスティック・インフィニティ』と呼ばれる美しいレコード。百聞は一見にしかず、見ればすぐわかるとってもサイケでファンタスティックな作品です。

続きを読む

【アート】ルネサンス黙示録。発掘された奇跡の書:『The Book of Miracles』が面白い

page_va_book_of_miracles_2400_185a_1311061535_id_750143

 この絵画は、かつて行われた黙示録の記録なのでしょうか?
 ルネサンス期に描かれた絵画として近年でも重要な発見に数えられる数奇なコレクションは、1550年頃のドイツで描かれたとされるもの。
 不気味な天体現象や星座、あるいは大火や洪水の有り様を描写した中世風の絵画は、当時の絵画にしばしば見られるように自然現象を擬人化(抽象化)して描くというスタイルが用いられていることが確認できます。

続きを読む

【動画】空を追い尽くす......群れ飛ぶ鳥の軌跡を可視化してみた

data in data out

 夕暮れ時に電線の上に小鳥が群れている光景はよく目にしますが、めまぐるしく飛ぶ鳥たちの軌跡を可視化すると、こんな風になっていたという動画。
 動画をアップした Dennis Hlynsky さんによると、鳥の種類はムクドリ。アメリカ・マサチューセッツ州のシーコンク・スピードウェイの近辺で撮影した映像だそうです。これはちょっとすごい。
 フルスクリーンで見ると羽ばたきの様子までがわかって、幻想的です。

続きを読む

【アート】超現実のハイパーリアル・スカルプチュア:『サム・ジンクス』の世界

sam-jinks

 シリコンやレジン樹脂、ファイバーグラスなどを用いたハイパーリアリズム彫刻で知られるサム・ジンクス(Sam Jinks)は、オーストラリア・メルボルンのアーティスト。テレビCMなどで小道具を製作する仕事から始まったという彼のアート作品は、産毛の手触りまで想起させる生々しさ。
 ハイパーリアリズム彫刻といえばロン・ミュエックが有名ですが、リアルを越えて超現実主義に踏み込んだかのような一部の作品は、ミュエックとパトリシア・ピッチニーニの中間に位置するような存在感です。

続きを読む

【動画】聖家族教会『サグラダ・ファミリア』の完成シミュレーション映像が凄かった

sagrada familia

 アントニオ・ガウディ未完の大作として、2026年の完成を目指して今だ建築が続けられているサグラダ・ファミリア(聖家族贖罪教会)が、完成すればどのようなファサードを示すことになるのか、その過程を1分30秒という短い時間でシミュレーションした動画をご紹介します。
 周囲の建築物と比較して、その完成イメージは存在感・量感において圧倒的としか言いようがありません。

続きを読む

【動画】実写版『進撃の巨人』初登場! FORESTER 進撃篇CM【Live-action "Attack on Titan"】

FORESTER

 樋口真嗣監督により2015年の公開が待たれる実写映画版『進撃の巨人』と、スバル「フォレスター」のコラボCMが公開され話題になっています。
 TV番組『ZIP!』内で初公開された映像が痛ニューなどで話題になっていたようですが、ご紹介するのはテレビで1度だけ放映されたという、スバルのCM。
 『FORESTER 進撃篇』と名付けられたCM映像では、女性型と男性型の巨人の攻撃を軽やかなステアリングで回避するフォレスターの映像とともに、超大型巨人の登場までが描かれています。

続きを読む

【映画】フルムービー&ドキュメンタリー。ロジャー・コーマン『ザ・ファンタスティック・フォー』を横断するまとめ

doomed

 インディペンデント映画の神としてカルトなオーラを放ち続けるロジャー・コーマンが、マーベル・コミックの原作による映画『ザ・ファンタスティック・フォー』の公開を予定していたのは、1994年。
 実写化作品としては、2005年の映画『ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]』に先立つオリジナルとして付録部でもご紹介していたわけですが、その続報というべきか、管理人がライターを務めるコタク・ジャパンで執筆したテーマが、同作品のドキュメンタリー『DOOMED!(ドゥームド!)』でした。
 再掲まとめという変則的な形になりますが、あらためて注目してみます。

続きを読む

【動画】びっくり人間ペインティング。涙腺で水彩画を描いてみた

leandrogranato

 厳密には涙腺ではなく涙点という器官だそうですが、外眼角にある主涙腺から瞳を潤すために供給される涙は、涙小管という管を伝って約90パーセントが涙嚢という器官へと戻されます。
 で、この涙嚢という器官が鼻涙官を通じて鼻腔へつながっており、鼻腔は口腔へとつながっているというわけで、人はその気になればこんな大道芸で水彩画まで描けちゃうんだぞという動画。

続きを読む

【画像】1973年の未来派モダン:デヴィッド・ボウイ&山本寛斎の“TOKYO POP”

tokyo-pop

 1973年に撮影された、グラムロックの貴公子デヴィッド・ボウイの『トーキョー・ポップ』。昨年、突然の音楽シーン復帰を果たした彼も、もう67歳なのかと驚かされますが、写真は70年代に撮影された山本寛斎の衣装デザインによるファッション・フォト。
 ビニール素材の前衛的なボディスーツは、いま見てもセンセーショナル。
 70年代特有の楽観的フューチャー・イメージと、頽廃的モードとのアンビバレントな融合が面白いです。

続きを読む

【動画】めっちゃニッチなコンセプト。「カフカ」がテーマのゲームが開発進行中

theFranzKafkaVideogame_01

 カフカといってもシシド・カフカや海辺のカフカじゃなくて、20世紀を代表する不条理文学者のフランツ・カフカなわけですが、どうやら海外ではカフカをテーマにしたテレビゲームの開発をしている猛者がいるようです。
 今のところゲームの詳細は公開されていませんが、カフカ文学の中でも有名な、『変身』や『城』、『審判』などの作品に触発されたパズルベースのアドベンチャー・ゲームのようです。
 すごく興味深いけど、ちょっとテーマがニッチすぎるだろうと。

続きを読む

【動画】ボリウッド・ダンスのニューカマー登場! 8歳のぽっちゃりダンスが想像を超えてた

Akshat Singh

 世界のスター誕生こと、米NBCで放送されているリアリティ番組『アメリカズ・ゴッド・タレント』。
 同様のフォーマットが世界中で放送されている人気番組ですが、今回ご紹介するインド版『ゴッド・タレント』に登場した8歳の少年ダンサー、Akshat Singh くんの華麗なボリウッド・ダンスがネットで話題になっています。
 軍服姿で三輪車に乗って登場する奇抜なパフォーマンスと、愛嬌たっぷりな癒し系ダンスは、会場をすっかり魅了したようです。

続きを読む

【動画】小さな剥製師と少女の恋。ペーソスあふれるショートフィルム『Skin』

skin

 とある町に、世捨て人のように暮らす剥製師の父と子。
 ある日、少年は少女に出会い、ほのかな恋心を抱きます。
 愛犬を亡くした少女に声をかけ、しだいに心を通わせる二人でしたが、ある少年の行為をきっかけに、決定的なすれ違いが起こり......。

続きを読む

【動画】シベリア氷の音楽、バイカル湖を巨大な楽器にしてみた

maxresdefault

 これってもしかして、世界で一番大きな楽器なのかも?
 “シベリアの真珠”と讃えられるバイカル湖の凍てついた湖面を打楽器にして、音楽を奏でてみた動画。演奏は、イルクーツクのパーカッション・グループ「ETHNOBEAT」によるもの。
 文字どおりの透明なサウンドに引き付けられます。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード