付録部 blog-bu

あなたに日々の付録をお届け。

aicon_01 aicon_01
決まった会話をするだけでかわいい彼女をゲット!NEW!

必殺橋掛人を語る

20090904194729f3d

 先日、津川雅彦さんの政治小ネタを取り上げたことと関係があるというか単なる偶然なんですが、地元では津川さん主演の「必殺橋掛人」が再放送していましてね。いい機会だから、必殺シリーズ第24作・必殺橋掛人について語ってみます。

 考えてみれば、我田引水の必殺論を語ったことは何度もありましたが、映画を除く過去作を単独でエントリーするのは初めてでした(放映中の作品は除きます)。ネタに困った時に、またやってみよう(笑)

続きを読む

仕事人2009には特色がない

a0083474_10384876

 おいおい、また物騒なことを書くのかよ。とか、そこ言わない(笑)

 といっても別段、否定的な意味だけで書くつもりはないのでご安心を。というのもですね、例えば戦隊シリーズが同じようなシリーズをずっと続けているのかといえば、少しずつ新しい試みを取り入れていることを特撮ファンは知っているわけで、必殺シリーズも同じだったんですね(←過去形)。

 いや、いきなり括弧で前言撤回してるがなww

 ちょっと長くなりそうなんで、続きは以下からお願いします。

続きを読む

必殺仕事人2009 第14話「武士の異常愛」

a0083474_10384876

 オンタイムでは江口洋介主演の「木枯らし紋次郎」を観てました(笑)。
何十年ぶりかの“紋次郎VS必殺”だったわけですが、一方はTVスペシャルの特番ドラマだし、他方は必殺という一枚看板+ジャニーズ事務所という、言ってみれば「低リスク番組」のお手本みたいなものなわけで。
 当然、当時と同じ“熱さ”など求めるだけ無理なわけですから、ただ淡々と作品を鑑賞するだけという(苦笑)
 でも、江口紋次郎は悪くありませんでしたよ。評価したい。

 というところで、今回の感想。

続きを読む

必殺仕事人2009 第12話「冤罪」 第13話「給付金VS新仕事人」

a0083474_10384876

 ひとまず13話に関して、

 テレ朝wwww

 とだけは言っておきます。ね・ら・い・す・ぎ。

 さて(笑)。

 基本的な部分では、そつなく物語を展開していたとは思います。
 この辺りは難しいところなんですが、11話で文句ばかり言いましたもんでね、「だったら、こういう無難な話だったらいいんだろ?」と言わんばかりの作劇だったんで、今一度だけ整理しておきましょうか。

続きを読む

必殺仕事人十一話 「仕事人の死」

hissatsu

 酔っぱらっていて、下書きのつもりが記事を公開してしまっていたことに管理人はアボ〜〜ン。書きかけそのまんまやないか〜い!
 寝起きで小便ちびるかと思いましたよ、お恥ずかしい。

 間違って読んでしまった不運なアナタには改めてお読みいただければ幸いです。通りすがりのアナタ様にはご愁傷様。
 管理人の言いたかったことの一部だけしか伝わりませんでした悲しいかな。

 ということで以下、いちおう書き足した本文。

続きを読む

高校生無頼控

02

 こんなにわけのわからない映画も珍しい、という映画のご紹介です。
 原作は小池一夫、画:芳谷圭児の劇画なんですが、原作は読んだことありません。とある動画サイト(ご想像にお任せします)に丸ごとうpされていたのでタダで見させてもらったという不埒なレビューですがご勘弁。

 この映画、都合3作が作られているのですが、三部作完結といったような洒落たシロモノではなくて、ひとまず初作で映画としては完結しています。で、その一作目が主演・沖雅也の『高校生無頼控』。内容をさっと説明すると、

 薩摩示現流の達人である高校生・村木正人、通称ムラマサが、刑務所に入れられている兄の鉄人を保釈させるために単身上京するという一種のロードムービーとなっています。

 続きはネタバレを盛大に含みますので、以下からどうぞ。

続きを読む

沖雅也と「大追跡」

大追跡

 沖雅也。
 一九七〇年代から八〇年代の初めにかけて、テレビを中心に大車輪の活躍をし、圧倒的な人気を誇った俳優である。

 序にかえて――より。

 没後25年を数え、ようやく沖ファン待望の分析本が発売されました。
 ちなみに没後25年としたのは、この本が先年2008年の発行だからです。今年は足掛け26年ということになります。
 いやあ、不覚にもこのような素晴らしすぎる本が出版されていたことを知りませんでした。昨年は公私ともに忙しかったもんですから。

 というところで、
 
沖雅也と「大追跡」―70年代が生んだアクションの寵児沖雅也と「大追跡」―70年代が生んだアクションの寵児
かわだ わか

ワイズ出版 2008-11
売り上げランキング : 115281

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 を購入しました。買ってよかった....。

続きを読む

ついにASIMOがサイコミュを搭載

 ホンダのASIMOが、ついに準サイコミュを搭載したようです。

考えるだけでロボット制御 ホンダ、島津、ATRが新技術
ITmedia news 2009年03月31日 16時01分

 ホンダ・リサーチ・インスティチュート・ジャパンと島津製作所、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)は、考えるだけでロボットを制御できる「ブレイン・マシン・インタフェース」(BMI)技術を開発したと発表した。

 脳波計と近赤外光脳計測装置を併用し、脳活動に伴う電位と血流の変化から情報を抽出する新技術を開発した。

被験者の頭部に、脳波計と近赤外光脳計測装置を装着。「右手」「左手」「舌」「足」のうち1つを使用した運動をイメージしてもらい、脳波と脳血流の変化を同時に計測してリアルタイムに解析し、被験者のイメージを判別する。

 解析結果は、ホンダのロボット「ASIMO」に送信し、結果に応じてASIMOが手や足を挙げるなどの動作を行う。実験では、世界最高水準となる90%以上の正答率を達成したという。

 ATRとホンダは2006年、fMRI装置を使ったBMI技術の開発に成功しているが、今回はfMRI不要で、従来より小型な装置で行えるようにした。

 引用終わり

画像01





















画像02








 現在のところ、レスポンスには7〜8秒のタイムラグがあるようですが、これは夢というか、妄想の広がる事態に……ww

 要するにこういう(↓)未来も夢ではないと?

画像03

ジャイアント・トらやん現る

 すでに催し期間は終了しているのですが(申し訳ない)、六本木に巨大ロボットが出現していたようです。

 火を吐くアートなロボット、六本木ヒルズに現る
 MSN産経ニュース2009.3.27 20:30

 以下、引用

 巨大ロボットが火を噴き大暴れ−。現代美術家、ヤノベケンジさん(43)の機械彫刻「ジャアント・トらやん」が27日、六本木ヒルズアリーナに登場した。アルミニウムのボディーで体長7・2メートル。子供の声に反応してしゃべったり、火を噴いたりする。

 ロボットは、28日の日没から29日の日の出まで、六本周辺にアーティストが集まって開催されるイベント「六本木アートナイト」の目玉作品。27日午後にリハーサルが行われ、口から巨大な火を放つたび、通りがかった人々が歓声をあげた。ヤノベさんは「ネット時代で実際に体験する機会が少なくなっている。においや熱や空気を身体で感じてほしい」と話している。本番は28日午後6時から。

 引用終わり


ジャイアント・トらやん


























 ジャイアント・トらやんの動画含む続きは、以下から。

続きを読む

【動画】 日本最初のCM 【紹介】

 日本で最初に放映されたテレビCMなのだそうです。
 もっとも、
 
 日本最初のテレビCMは日本テレビ開局の日の1953年8月28日に放映された精工舎(服部時計店、現・セイコーホールディングス)の正午の時報であるが、当時の放送関係者の証言によると放送機材の操作に慣れていなかったため、フイルムが裏返しだったので、音がまったく出ず、音なしの状態で30秒間放送された(フィルムの場合、映像の左側に音を再生するためのサウンドトラックがあり、フィルムが逆向きになると音が再生されなかった)。なお、時報音はフィルムと関係なく挿入されたため正確に出た。

 ということですので、厳密には、この「裏返しで放送された」ものが日本で放送された最初のテレビCMにあたるようです。


おもしろCM(日本初のCM)

 ちなみにこの映像は、

 同日の午後7時の時報は無事に放映され、これが現存する日本最古のテレビCMである。翌日の正午、テレビCM第1号になるはずだった正午の時報も無事に放映された。従来、「3秒で放送中止となった」というのが定説だったが、これは間違いである。

 と記述されている映像に当たるのだと思われます(*太字部分、筆者引用)。
 いずれにせよ現存する日本最古のテレビCMであることに違いはなく、大変貴重な映像であります。

■参考:wikipedia:コマーシャルメッセージ

【画像】 どう見ても笑瓶 【紹介】

 笑瓶!どうみても笑瓶!!

笑福亭笑瓶

HRP-4Cがモデルデビュー

イメージ
*注:画像はイメージです(笑)

 先日お伝えした、産総研の美少女ロボット「HRP-4C」が、ついにモデルデビューを果たしたようです。

 MSN産経ニュースより
人間型ロボットがモデルデビュー 日本ファッション・ウイーク開幕
2009.3.23 19:16
ファッションショーへようこそ−。「第8回 東京発 日本ファッション・ウイーク(JFW)」(日本ファッション・ウイーク推進機構主催)が23日始まり、東京・六本木の東京ミッドタウンで行われた若手デザイナーのショーに、人間型ロボット「HRP−4C」が登場し、モデルデビューを飾った。

 同ロボットは、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)が開発した身長158センチ、体重43キロの若い女性そっくりの容姿。日本のファッションを世界に発信する大舞台の“キャットウオーク”に姿を現すと一礼し、ショーの紹介をして会場をわかせた。

HRP-4CHRP-4C

 ご覧のとおり、ステージではヘッドセット仕様のメットをかぶっているのですが、これだけで最初の印象よりも随分と未来的なイメージになっていますね。

■前記事
産総研の美少女ロボット

アンドロイド・アナ MAICO 2010 DVD-BOXアンドロイド・アナ MAICO 2010 DVD-BOX
清水としみつ

ポニーキャニオン 2007-12-19
売り上げランキング : 38222

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【音楽】 All is full of love


All is full of love

 ビヨーク Bjork の歌う All is full of love
 ウィル・スミス主演の i,Robot という映画でもそうでしたが、関節部分から油圧のシリンダーとかが見え隠れするようなイメージの人型ロボットって、なぜか好き。ターミネーターのようなマッシヴなイメージじゃなくて、ちょっと弱々しげな感じのやつ。
 お好みの向きには、続きで紹介している動画もどうぞ。

続きを読む

必殺仕事人2009 第十話「鬼の末路」

hissatsu

 仕事人2009が始まって、初めてのレビューということになるのかな。
 ちょっと今回のお話はグッときちゃったんで、思うところを書いてみます。

 さて、テレビシリーズが始まって以来、ホストクラブに消費税にドラッグ問題に新興宗教に、果てはモンスター・ペアレントに……と、現代の病んでしまった社会風俗を織り込みながら展開してきた仕事人2009。
 個人的な評価としては、コンスタントに安定した内容を提供してくれているな、と感じてはいます。
 今作をいわゆるところの「必殺シリーズ」というよりは「仕事人シリーズ」と考えたほうがいいと思っていますので、レビューも必然的にそういう切り口になるのですが、というところで。

 その「仕事人シリーズ2009」の、今回の話がひとまずの転機になるだろうと思われる、タイトルもなかなか渋い『鬼の末路』。
 テーマとしては、ニート問題、そして昨年の秋葉原無差別殺傷事件という、記憶に生々しいところを扱っています。

 ネタバレ含むレヴューは、以下から。

続きを読む

産総研の美少女ロボット

 独立行政法人、産業技術総合研究所(産総研)が「HRP-4C」という、美少女ロボットの開発に成功。発表したそうです。

HRP-4CHRP-4C

産総研:プレス・リリース2009年3月16日

ポイント
・リアルな頭部と日本人青年女性の平均体型を持つ人間型ロボットを開発
・人間に近い動作や音声認識にもとづく応答を実現
・エンターテインメント分野や人間シミュレーターとして機器評価への応用に期待
(中略)
今回開発したHRP-4Cは、現状では限られた動作(歩行を含む)であるが、人間に極めて近い動作が可能であり、展示会やファッションショー等のエンターテインメント分野への応用が期待される。また、人間に極めて近い外観・形態を有していることから、人間シミュレーターとして人間用の機器の評価への応用の可能性もある。さらに、人間に近い動特性を持つロボットの全身運動制御技術は、人間の動作を補助する機械(パワーアシストスーツ等)に応用されることも期待できる。

 HRP-4Cは、「人間の形態をしている」というヒューマノイドロボットの最大の特徴を活かし、ヒューマノイドロボットの早期の実用化に道を拓くものと考えられる。

 開発したのは産総研の知能システム研究部門ヒューマノイド研究グループ(グループ長:梶田秀司氏)。なんでも、関節位置や寸法は日本人青年女性の平均値を参考にしたのだそうで、身長は158cm、体重43kg(バッテリー含む)らしい。
 なんにせよ、ものすごい完成度であると思う。

 これまでのロボットと比べて、デザインに無駄がないというか、贅肉をそぎ落としたようなイメージ。関節が細く、モーターの存在を感じさせないのにも驚かされました。

 画像や動画含む続きは、いつものように以下から。

続きを読む
ブログ記事検索
ブログについて
メールフォーム
Follow Me
FOLLOW ME

FOLLOW ME

RSS

kineco's オン Google+

最新コメント
アクセスランキング
フリーエリア
with Ajax Amazon
BBS7.COM
MENURNDNEXT
  • SEOブログパーツ
スポンサードリンク
QRコード
QRコード